スポンサーリンク

YAIBAを語る!

義光
義光

風雷波!

青山剛昌先生と言えば、真っ先に思いつくのは名探偵コナンですが、その前の作品のYAIBAも傑作作品です。

今回はYAIBAについて語ります。

青山剛昌先生の出世作

今でこそ名探偵コナンの画力は完成されていますが、YAIBAの初期の頃の絵はスカスカでした。

それが物語が進んでいくうちに、見る見る画力が向上しているのです。

かぐやとの闘いあたりから、物語がシリアスになっていきます。

剣がかっこいい

龍神の剣もかっこいいのですが、風雷剣もかっこいいです。

特に風雷剣が誕生するときは鳥肌ものです。

ストーリーがわかりやすい

物語は一貫して、ヤイバVS鬼丸という構造になっています。

因縁の戦いに決着が着いたときに、物語は完結します。

一番好きな闘い

ジュエルとの闘いが一番好きですね。

風神剣と雷神剣が合体したところが、やっぱりいいんですよ。

しかも風雷剣がかっこいい!

最終回が素晴らしい

私はYAIBAの最終回が、漫画の中で一番素晴らしいと思っています。

まだ読んだことがない人はぜひ読んでみて欲しいです。