スポンサーリンク

LPFの株価はどうなる?5つの強みを解説

こんにちは、サラリーマン兼投資家の義光です。

今回は「LPFの株価」とその強みについて解説していきたいと思います。

🔳LPFの現在の株価

✅上場して以来右肩上がり

✅21年9月に株式分割

🔳LPFの5つの強みを解説

✅事業内容が社会問題とマッチ

✅新規開設を急スピードで実施

✅財務・業績内容

✅料金が安い

✅社長の人物像

LPFの株価は、今後どうなるかな・・・

今回は、そんな疑問にお答えしていきます。

【結論】LPFの株価は、設備投資が成功したら伸びるでしょう。

LPFの株価は上場以来右肩あがりです。

今後の株価上昇の鍵は、急スピードで実施している介護施設等の開設にかかっています。

今回は「LPFの株価」とその強みを分析し、解説していきたいと思います。

LPFの現在の株価

それでは、LPFの現在の株価を分析してみましょう。

2020年に上場してから、わずか二年足らずで株価が2倍になっています。

まずはLPFの現状について、簡単に整理しておきましょう。

上場して以来右肩上がり

LPFのチャートを見て下さい。

2020年4月に上場して2021年の4月頃まで、株価は1,000円程でした。

しかしその後、わずか半年で株価が2,000円まで上昇しました。

2021年9月に株式分割

LPFは1株を3株に株式分割しました。

株式分割を発表した次の日、LPFはストップ高を記録しています。

果たしてここから、LPFはどこまで株価を伸ばしていくのでしょうか?

以下に、詳しく解説していきましょう。

LPFの5つの強みを解説

ここまで、LPFの現状の株価について解説してきました。

LPFの株価は、今後も上昇していくと予想されます。

以下に、LPFの強みについて解説していきます。

①事業内容が社会問題とマッチ

少子高齢化問題。

今やこれは、日本の最大の問題となっていると言っても過言ではないでしょう。

若者1人に対して、3~4人の老人を支えなければいけない時代がやってくるのです。

LPFの企業理念を見てみましょう。

コーポレートミッション

持続可能な社会保障制度の構築

介護 障がい者支援 保育の提供

LPFが運営している施設は介護付き有料老人ホーム、住宅型老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、グループホーム、特別養護老人ホームなどです。

施設を運営するだけではなく、訪問介護、訪問看護、居宅介護支援、定期巡回・随時対応型訪問介護看護なども展開しています。

これから社会問題へと発展していくであろう介護、障がい者支援、保育について、事業の柱として取り組んでいます。

②新規開設を急スピードで実施

事業を拡大していくには、施設の新規開設は重要な施策です。

LPFはとりわけ新規開設に積極的で、2021年度は介護施設3棟、障がい者施設5棟、保育園5棟、開設予定です。

新規開設は計画的に、どの地域に進出するか決めていて、北海道 東北 関東 名古屋 関西 福岡に進出する予定です。

この新規施設が順調に稼働していけば、さらなるLPFの利益増加につながるでしょう。

③業績内容

直近の決算では売上高91億円、営業利益2億円でした。

今期は売上高100億円、営業利益5億円を目指しており、これが達成すれば株価はさらに上がるでしょう。

LPFは業績目標として

成長性 売上高増加率 年20%

収益性 営業利益率 10%

安定性 自己資本比率 20%

を掲げています。

④料金が安い

介護事業は「安くて良いものを」をモットーに、15万円以下の値段で、駅から近い場所に施設を開設しています。

業界から見てもこの料金の安さは異例。

潜在的な需要が大きい中、誰もができなかった割安なサービスをLPFが成立させました。

⑤社長の人物像

アイちゃん
アイちゃん

イケメン

社長の大学の卒業論文が社会保障制度改革をテーマにしています。

それがそのまま、コーポレートミッションになっているのです。

社長の社会保障制度に対する熱い思いが感じられますね。

ちなみに前職では三菱商事グループで、ヘルスケア分野への投資や運営をサポートしていたそうです。

まとめ

以上により、今回は「LPFの株価」を分析し、LPFの強みについて5つ解説させて頂きました。

ここまで解説してきた項目について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。

🔳LPFの現在の株価

✅上場して以来右肩上がり

✅21年9月に株式分割

🔳LPFの5つの強みを解説

✅事業内容が社会問題とマッチ

✅新規開設を急スピードで実施

✅財務・業績内容

✅料金が安い

✅社長の人物像

【結論】LPFの株価は、設備投資が成功したら伸びるでしょう。

LPFは急ピッチで施設の開設を進めています。

新規施設が順調に稼働できれば、自ずと業績が良くなり、株価も上昇していくでしょう。