スポンサーリンク

2023年は不況に突入する?個人投資家は試練の年

義光
義光

みなさん、明けましておめでとうございます

2023年は、個人投資家にとって厳しい年になるのではないか、という予測をしています。

私は年利10%の目標を掲げていますが、2023年はかなり厳しい闘いになりそうです。

今回は、2023年の市況について私の考えを書いていこうと思います。

利上げが続く?

昨年12月に、日銀のサプライズで実質利上げが決まりました。

このニュースを受けて株価が大暴落

私のポートフォリオも大きく下落してしまいました。

2023年春には日銀総裁の黒田さんが交代するので、このタイミングで利上げする可能性はあります。

こうなったら、今回のような、株価へのショックは避けられません。

春までは現金ポジションを多くしておく

私の作戦ですが、黒田さんが総裁を辞めるまで、今のうちにいらない株を処分して、現金を作っておこうと思います。

もし仮に、日本の利上げが決定して、株式市場がおおきな下落となったら、そのタイミングで株を購入したいと思います。

ついでに積み立てNISAの投資額を増やそうとも考えています。

年利10%の目標は変わらず

私の株式投資の目標である年利10%は、目標を変えずに続けていきたいと思います。

20年間、株式投資を続けて、年利10%で増やし続けるという構想を持っています。

2022年は年利11.18%という成績を残すことができました。

この成績を20年間続けることができるとしたら、私の資産は20年後

73,687,899円

になるという計算になります。

まず無理だとは思いますが、この金額を目標にして、20年間続けていきたいと思います。

その戦いの記録を、このブログで残していきます。