死ぬ時に後悔したくない!今からでもやっておくべきこと20選

スポンサーリンク
義光
義光

皆さん、人生設計を立てていますか?

日本の多くの人が、仕事を中心に人生設計を立てるのに対し、

アメリカやヨーロッパでは、将来ありたい姿から逆算して人生設計を立てます。

スポンサーリンク

1.健康を大切にすること

テレビや雑誌などの健康情報にふりまわされて最高の健康を手に入れるのではなく、死なないレベルの健康を確保することを第一にしましょう。

2.生前の意思を示すこと

終末期医療について、自分の意志を家族に伝えておきましょう。

3.自分のやりたいことをやる

統計上、多くの人が「人生はあっという間だった」と言います。老後を心配して縮こまるのではなく、やりたいことやりましょう。

4.夢をかなえるために全力をつくす

夢がかなわなかったことを後悔する人はほとんどいませんが、夢をかなえるために全力を尽くさなかったことを後悔する人はいます。

5.他人に優しくする

他人に優しくしてきたひとは死期がせまっても、自分に心から優しくできるそうです。

6.遺産をどうするかを決める

元気なうちに遺産相続を考えておけば、心残りはありません。

7.自分の葬儀を考える

遺された家族に迷惑をかけないようにする人が多いです。

8.故郷に帰る

死期がせまると幼少時代のことを振り返るようになるので、元気なうちに故郷へ帰りましょう。

9.美味しいものを食べる

年をとると体力が落ちてご飯が食べられなくなります。好きなものや美味しいものは元気なうちに食べておきましょう。

10.趣味に時間を割く

仕事ばかりの人生を送ってきた人は病気になったときに何もできなくなります。

病気になっても、打ち込めるものをもっていると最後の時間を有意義に過ごせます。

11.行きたい場所に旅行する

行きたいところがあれば、元気なうちに行くようにしましょう。病気になってからでは行くことができません。

12.会いたい人に会う

友達、子供、お世話になった人。会いたい人がいれば後悔しないようにしましょう。

13.記憶に残る恋愛をする

人生にはが必要です。

14.結婚をする

愛する人と一緒にいると最後の苦しみをやわらげてくれます。

15.子供を育てる

多くの家族にかこまれた患者さんは、最後の時でも笑顔で過ごせます。

16.子供を結婚させる

子どもが結婚すると、家族が増え幸せな気持ちになります。

17.自分の行きた証を残す

何かを残すことで自分の人生を意味あるものと考えます。

子孫を残すということだけではありません。

18.生と死の意味を考える

死ぬまでに生と死について自分なりの解釈をしておきましょう。、死期がせまったときに戸惑う人が多いです。

19.愛する人に「ありがとう」と伝える

心の中で思っていても言葉にしないと通じません。後悔しないよう、一番大切な人に「ありがとう」と伝えましょう。

20.お金を使う

相続するという選択肢もありますが、自分が欲しかったものを買いましょう。

まとめ

義光
義光

一つでもやっておきたいという項目がありましたでしょうか?

その項目から逆算して、今自分が何をやるべきかを考えましょう。

コメント