株式投資を始める前に考えよう

スポンサーリンク
義光
義光

初心に帰って考えてみよう

スポンサーリンク

現金と金融資産の比率

よく言われているのは、「100-年齢」の%分をリスク資産で保有するという考え方。

つまり30歳であれば、現金30%+株式等70%という資産構成にする。

株式投資は精神との戦い

運用資産の金額を決めても、一気に投資しない方が良いです。

これまで現金という減少しない資産を保有していた状態から、資産が減少する可能性がある金融資産にシフトするので、資産が減少した場合のショックに耐えることが必要です。

資産運用は人間心理を加味せず語ることができないと、ある投資家が言うほどです。

最初は単元未満株で買う

資産を増やすのであれば、投資信託へ投資するのが確実ですが、個別の株式投資で、勉強を兼ねて少し保有してみるというのも良いと思います。

私は基本10株ずつ買っています。100株買った時の、資産の減少額が精神的に耐えられないからです。

優待株を狙う

主力株+優待株でポートフォリオを構成しするのもアリです。

主力株は、業界最大手で利益率が高い企業を狙います。

優待株はその分野において業界トップというところを買う。

業界トップの企業は、常に業界トップであり続けるものです。

終わりに

株式投資は、結果を急いでもすぐに報われません。

とにかく長い間株を保有し続けることで、少しずつ利益が育ってきます。

焦らない方が良いです。生き残っていれば、リターンはついてきます。

コメント