株初心者が失敗した事例を晒すブログ

スポンサーリンク
義光
義光

株初心者が失敗した事例をブログに書きます。

株初心者とは、そう、私の事です。株式投資を始めてから1年程経ちました。

100万円ほど金融資産を持ち、現在まで8万円もの損を出しています。

今回はその失敗事例を書きたいと思います。

本記事の内容
  • 日産
  • ボーイング
  • ティルレイ
  • イオンファイナンシャルサービス
  • ポートフォリオ
スポンサーリンク

株初心者が失敗した事例その1 日産

日産の株価が700円ほどの時に買いました。底値とは思いませんでしたが、必ず元の株価に戻るだろうという考えで100株買いました。

しかし現在は半分ほどの金額になってしまい、3万円ほどの損失を出しています。損切をすべきなのですが、なかなかできません。

なのでここで宣言したいと思います。株価が350円を切ったら損切します。

日産株での失敗は、ドルコスト平均法を無視し、一気に100株を買ったことです。1株ずつ買うべきでした。

株初心者が失敗した事例その2 ボーイング

コロナの影響をもろにくらいました。360ドルの時に買ったものが180ドルになり、こちらも3万円ほどの損失となりました。損切できていません。150ドルになったら損切します。

ボーイング株については、今となっては元の株価には戻らないと思っています。というのも、アメリカの大型投資家がボーイング株を全て売ったというニュースを読んだからです。そのニュースを聞いたらすぐに損切すべきでした。

株初心者が失敗した事例その3 ティルレイ

ティルレイとは、アメリカの大麻ビジネスの起業です。大麻を医療用の麻酔とかに使うというビジネスがあります。

その大麻ビジネスが普及すると考え、ティルレイの株を16ドルで買い、現在は7ドルになっています。2万円ほどの損がでています。6.5ドルで損切します。

よく知らない会社の株を買うのは止めようと思います。

イオンファイナンシャルサービスを購入

とある株ブログを読むようになり、その方が保有している株を真似して買ってみました。他力本願ですが、こういった株を買うのもアリなのではと思っています。

私のポートフォリオ公開

現在は負けていますが、株式投資を勉強しながら続けていきたいと思います。

コメント