スポンサーリンク

日銀の方針転換により住宅ローンは上がるのか?

2022年12月20日、日銀砲(通称黒田砲)が発射されました。

プラマイ0..25%程度でコントロールしていた長期金利の変動幅をプラマイ0.50%程度へと拡大し、事実上の利上げとなりました。

これにより住宅ローンは上がるのでしょうか?

今回はこの点について書きたいと思います。

利上げまでの経緯

日銀は2016年より、短期金利を -0.1%で固定し、長期金利をプラマイ0.25%の変動幅でコントロールする、という政策を取ってきました。

今回、利上げをすることになった背景には、世界的なインフレ進行があるためです。

インフレの抑えるため、アメリカ、ヨーロッパの中央銀行は利上げを相次いで実施してきました。

この時に日本は金利を上げなかったため、円安が進行し、電力料金や生鮮食品・日用品などが値上がりしてきました。

日銀が目標とするインフレ率が2%を上回る3%台にまで上昇しており、利上げせざるを得ない状況になったというわけです。

住宅ローンへの影響

今回の政策によって、変動金利は変わらず、固定金利は上昇します。

なぜなら変動金利のベースとなる短期金利はマイナス金利が維持され、固定金利のベースとなる長期金利の変動幅が拡大するからです。

変動金利

変動金利は短期プライムレート(短プラ)と呼ばれる指標に連動しています。

日銀がマイナス金利を始めた2016年より前の2009年頃からずっと一定です。

固定金利

固定金利は10~20年程度の期間の金利を参照して、各銀行が決定しています。

したがって今回の政策によって、各銀行は固定金利を上げることが必然になりました。

今住宅を買うべきか?

今後、金利が上がる可能性は高いのでは?と考えています。

住宅が欲しいと思う方は、早めに買った方が良いと思います。

ただ、迷っているのであれば買わない方が良いかもしれません。

不動産価格は今がピークで、10年20年経てば価格が下がるのではないかと予想しています。

なので私は、それまで株式投資で資産を増やそうとしています。