スポンサーリンク

【結論】日経平均とTOPIX、どちらを重要視すべきか?

日本の景気を判断する材料として、日経平均株価とTOPIXを使うことが多いと思いますが、一体どちらを重要視すれば良いのでしょうか?

この記事では「日経平均」と「TOPIX」の違いを明らかにし、どっちが日本経済を表しているのかを判断します。

義光
義光

結論から言うと「TOPIX」を参照すべきです。

日経平均とは

東証一部上場銘柄のうち、市場を代表する225銘柄の株価平均で算出している。

・対象銘柄は225銘柄

・株価の平均で算出されている

日経平均の特徴

東証に上場している銘柄は4000銘柄以上ありますが、そのうちの225銘柄しか対象としていないので日経平均が日本経済を表しているとは言い難いです。

株価の高い銘柄の影響を受けやすく、上位銘柄のファーストリテイリングやソフトバンクの株価によって左右されます。

TOPIXとは

東証一部上場全銘柄を対象に、日々計算し発表している株価指数で、

東証第一部の毎日の時価総額を基準日の時価総額で割って算出されます。

基準日 1968(昭和43)年1月4日 時価総額8兆6,020億5,695万1,154円

これを100として、その日の時価総額を指数で表したものがTOPIXです。

TOPIXの特徴

日経平均が225銘柄を対象にしているのに対し、TOPIXは東証一部上場銘柄の全て対象です。

また、株価の平均ではなく、時価総額合計を計算対象にしているため、時価総額の大きい銘柄の影響が大きくなります。

なので、TOPIXの方が日経平均より、株式市場全体の動きを反映していることになります。

義光
義光

ただし株価ではなく割合なので、一見何の数値かわからないのがネックです。

まとめ

日経平均TOPIX
対象銘柄東証一部上場の代表的な225銘柄東証一部上場の全銘柄
算出方法株価の単純平均をベースに算出東証第一部の時価総額を基準日の時価総額で割って算出
特徴株価の高い銘柄の影響を受けやすい 時価総額の大きい銘柄の影響を受けやすい

日経平均は知名度が高い株価だけ構成され、日本経済全体を表しているとは言い難いです。

日本の景気を判断するにはTOPIXを確認した方が良いでしょう。