嫁と仲直りする7つの方法

スポンサーリンク

私は結婚して3日目に離婚にまで発展する程の

ケンカになったことがあります。なんとか仲直りができましたが、

今考えれば非常に危ない状態だったと思います。

今回は、その教訓を活かして、嫁と仲直りする

7つの方法をご紹介します。

スポンサーリンク

自分の感情を抑える

夫婦の仲が悪い状態だと、ちょっとした一言でケンカになってしまいます。

まずは自分の感情を抑え、我慢し、仲直りへの行動を取っていきましょう。

しかし、夫婦の仲がギスギスしている状態だと、些細な一言で夫婦喧嘩に発展してしまうことも珍しくありません。

嫁の気持ちを理解する

自分が嫁の気持ちを本当に理解しているかもう一度、考えてみましょう。

わからない場合は素直に聞きましょう。

例外として嫁に無視されるようであれば、仲直りするのはかなり難しいでしょう。

1度仲直りしただけでは終わらない

嫁のご機嫌取りでプレゼントや旅行を行ったりすることはあると思います。

その時、一時的に嫁は機嫌が良くなり、仲直りできたとします。

しかし、その状態を継続しなければ、再び同じケンカをする可能性があります。

心の傷は一生残る

女性は男性よりも、傷つきやすい生き物です。

男性は時間が経てば忘れるようなことも

嫁にとっては、深い傷を負っている場合があります。

夫はその傷の内容を理解し、常に頭に入れて

嫁と付き合っていく必要があります。

嫁が家事するのが当たり前ではない 

嫁が専業主婦の場合に多いケースですが、

嫁が家事をするのが当然だと思い込んでいる場合があります。

その場合は、嫁が家事をどれだけ苦労しているかを

理解しなければ、仲直りすることは難しいでしょう。

まめに連絡やコミュニケーションをとる

家にいて会話がないようでは一緒に暮らしていて楽しくないでしょう。

嫁に寂しい思いをさせないよう、夫婦の会話を増やすことが仲直りする最良の方法です。

負担をなるべく減らしてあげる 

嫁の家事を少しでも助けることが大切です。

夫婦の仲が悪くなる原因として、家事の大変さを理解していないことが挙げられます。

仲直りするためには家事や育児の負担を分担して、

嫁の負担を軽くしてあげると上手くいく筋道が出てきます。

というわけで、今回は嫁と仲直りする7つの方法を

記事にしました。嫁に対して、無償の愛を与え続けることが

夫婦の仲を繋ぎとめる方法だと思います。

そんなの不公平だと思うかもしれません。

私もそう思います。

そこで私は、与えればそれだけ自分に返ってくる

と思うようにしています。

実感はありませんが、そう考えると不思議と我慢できるものです。

コメント