スポンサーリンク

太陽光発電は投資対象となりえるのか?メリット・デメリットを検証

今、太陽光発電が話題になっています。

お笑い芸人の流れ星・瀧川さんが、太陽光発電に投資しているとTVで発言しました。

これで太陽光発電について知った方もいるはずです。

今回は太陽光発電が投資対象となりえるのか、メリット・デメリットを検証していきます。

義光
義光

ちなみに私は投資対象になると考えています。

太陽光発電投資のメリット

① 平均10%の高利回り

太陽光発電投資は、高い利回りが特徴です。

義光
義光

株式投資より高いです。

また固定価格買取制度(FIT)により、20年間の売電価格が政府によって保障されているので、リスクも少ないです。

固定価格買取制度(FIT)とは

再生可能エネルギーで発電した電気を、電力会社が一定価格で一定期間買い取ることを国が保障する制度です。

②環境問題に貢献できる

太陽光発電投資は、CO2削減や地球温暖化に貢献できます。

最近では、家にソーラーパネルを設置して、電気代削減をしている家庭もありますよね。

日本は太陽光発電を中心とした環境エネルギーの拡大に力を入れており、今後も市場が拡大していくと予想できます。

③人口減少によるリスクが少ない

不動産投資は人口減少により、空室のリスクがあります。

それと比べて太陽光発電は、FITによって売電価格が国から保証されているため、安定した収益が期待できます。

今後も温暖化対策として、太陽光発電の需要が高まる予想されるため、さらなる収益が見込めます。

太陽光発電投資のデメリット

① 天候の影響で収益に差がでる

最大のデメリットは、天候や災害によって収益に大きな影響があることです。

もちろん、太陽が出てないと発電できませんので、雨ばかり降ると思うように収益が伸びません。

さらに、災害などで発電機が壊れてしまう可能性もあります。

最悪なのは太陽光発電機が強風で飛ばされ、近隣に被害を与えてしまうことです。

リスクを挙げれば切りがありませんが、頭に入れておきましょう。

② 出力抑制

出力抑制とは、電力があまった時に各発電所の発電量を抑えることです。

その判断は電力会社が決め、一時的に売電できなくなる可能性もあります。

実際の出力抑制は、種子島や壱岐、徳之島で行われることが多いので、その場所の設備を買う場合は注意しましょう。

出力抑制の実績は電力会社により公開さています。

③投資資金が必要

太陽光発電投資は不動産と同じくらい投資資金が必要です。

人によってはローンの審査が下りないこともあります。

そんな人におすすめなのが「チェンジ」という少額から太陽光発電投資できる投資機構です。

1口3万円ほどで投資できるので、お金がない人でも挑戦できます。

気になる方はサイトにアクセスしてみてください。

ほとんどの設備が完売で、人気があることがわかります。

まとめ

太陽光発電は平均10%とという高利回りのお得な投資です。

そして政府が売電価格を保証してくれ、安定的な収益を見込めます。

ただし天候や災害次第では、損をする可能性があります。

また投資には巨額の資金が必要になるため、小額から投資できる「チェンジ」という投資機構を介して、投資することをおすすめします。