一流企業の株価暴落にどう対応すべきか?

スポンサーリンク
義光
義光

NTTドコモが大幅下落、売るべき?それとも塩漬け?

株が暴落したとき、新興企業であれば即売るんですが、一流企業の場合はげしく悩みます。

最近の事例だとNTTドコモなどの携帯会社の暴落です。

今回は、一流企業の株が暴落した時、どうすれば良いのかを考えたいと思います。

スポンサーリンク

私の経験談

私はKDDIとNTTドコモの株を持っていたのですが、

KDDIは安倍総理辞任と同時に損切り、

ドコモは菅総理就任と同時に損切りしました。

合計で1万円ほど損が発生しました。

今現時点での結論

損切りして良かったと思っています。

株価が取得金額の7~8%に下がったら損切りすべきと言う人が多いですが

その通りだと思います。

配当金について

しかし、配当金のことを考えると、損が発生していても保有し続けた方が

良いのではないかと思ったりもします。

実際、全体的なチャートが下がっているJTに投資続ける人もいるようです。

損切りできなくて痛い目にあった株

日産です。保有して1年ほど経ちますが、4万円の評価損を抱えています。

このトラウマがあるため、できるだけ早く損切りしたいと考えるようになりました。

株で利益を出すために

株を長く続けることが、利益を出す秘訣という人が多くいます。

評価損の株を持ち続けるのは精神的につらいものがあります。

というわけで結論は「配当金の年利が高い企業であっても、株価が暴落したら損切りする」です。

コメント