スポンサーリンク

ランドネットの株価はどうなる?【割安成長株】

こんにちは、サラリーマン兼株式投資家の義光です。

今回は「ランドネットの株価」を分析して、強みと弱みについて解説していきたいと思います。

🔳ランドネットの業績を分析

✅直近の株価は急上昇

✅PERが10%以下

🔳ランドネットの強みと弱みを分析

✅築古マンションを取り扱う

✅業務用システムを自社開発

✅不動産データベースを活かした仕入力

✅従業員が5年で倍に増加

✅営業利益が少ない(弱み)

ランドネットの株価は、今後どうなるかな・・・

今回は、そんな疑問にお答えしていきます。

【結論】ランドネットの株価は、従業員が増えれば増える程上がります。

ランドネットの株価は、上昇したばかりで価格が安定していませんでしたが、ここ最近急上昇しています。

ランドネットには、自社で開発している不動産システムにより、不動産知識がなくても営業ができるようになっています。

今回は「ランドネットの株価」を分析して、強みと弱みについて解説して聴きたいと思います。

ランドネットの業績を分析

それでは、ランドネットの株価を分析していきましょう。

ランドネットはまだ上場したばかりで、最近株価が急上昇しています。

まずはランドネットの現状について、簡単に整理しておきましょう。

直近の株価は急上昇

ランドネットは2021年7月に上場し、株価は3000円~4000円の間をウロウロしていました。

しかし、つい最近4800円を突破し、5000に近づく上昇を見せています。

このまま上昇が続けば、株式分割する可能性が高く、分割すればさらなる上昇が見込まれます。

PERが10%以下

私が一番注目したのはPERの低さ。

10%以下でかなり割安な価格です。

業績推移を見てみると

売上 411億円 前期比15%増

営業利益は 12億円 前期比40%増

売上の増加も魅力的ですが、何より営業利益の改善が目立ちます。

果たしてここから、ランドネットの株価はどのように推移していくのでしょうか?

以下に強みと弱みについて解説していきましょう。

ランドネットの強みと弱みを分析

ここまで、ランドネットの株価と業績について解説してきました。

ランドネットの株価は今後も上がると予想できます。

ここからは、ランドネットの強みと弱みについて解説してきます。

築古マンションを取り扱う

ランドネットは投資用の中古ワンルームマンションの売買・仲介を中心とした不動産会社です。

特徴としては築年数の古いものを買い取り、リフォームして、売買や仲介を行っているところです。

築年数が古いマンションなんて売れるの?と思いますが、

不動産売買の取引件数が4500件あり、そのうち首都圏、近畿圏以外の中古マンションが20%超と強い需要があります。

在庫の回転率も同業他社よりも早く、1.5ヵ月で売上しています。

業務用システムを自社開発

ランドネットは「不動産は現物ではなく情報である」と考えています。

そして、不動産取引に最適化されたシステムを自社で開発しています。

このため従業員の2割がシステムエンジニアです。

このシステムを「LANDNET DATABASE」と呼んでいます。

取扱データは札幌から沖縄まで日本全国。

区分所有データは757万件、物件数は18万件です。

不動産データベースを活かした仕入力

LANDNET DATABASEを利用すれば、不動産知識がない新入社員でもすぐ仕事ができるようになります。

だから社員が育ちやすく、従業員は5年で2倍の500人に増えています。

システムを通じた情報共有で新入社員の早期戦力化しています。

不動産の市場動向が良好

日本の平均寿命は女性87歳、男性81歳で、年々伸びています。

それに反して退職金、年金ともに減少している現実があります。

資産運用として不動産活用ニーズは拡大しています。

政府目標としては、2025年に住宅流通市場8兆円、リフォーム市場12兆円を目指しています。

ちなみに2013年の住宅流通市場は4兆円、リフォーム市場は7兆円です。

営業利益が少ない(弱み)

他の不動産会社と比べて、営業利益が少ないのが弱みです。

築古マンションをリフォームするための費用が利益を圧迫しているようです。

不動産事業全体が、かぼちゃの馬車事件やフラット35不正利用の影響で減益傾向にあります。

まとめ

以上により、今回は「ランドネットの株価」がどうなるのか、強みと弱みについて解説させて頂きました。

ここまで解説してきた項目について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。

🔳ランドネットの業績を分析

✅直近の株価は急上昇

✅PERが10%以下

🔳ランドネットの強みと弱みを分析

✅築古マンションを取り扱う

✅業務用システムを自社開発

✅不動産データベースを活かした仕入力

✅従業員が5年で倍に増加

✅営業利益が少ない(弱み)

【結論】ランドネットの株価は、従業員が増えれば増える程上がります。

ランドネットは上場したばかりの会社で、PERが10%以下の超割安株です。

築古マンションを仕入れリフォームし、売買・仲介している不動産会社で、現在株価が急上昇しています。

社内で開発した LANDNET DATABASE というシステムで、新入社員でも簡単に営業をすることができます。

システムと人材に力を入れている会社だと言えます。