ラクスのIR情報を読み解く!

スポンサーリンク

ラクスが11月12日に中間決算を公開しました。今回はラクスのIR情報を読み解きたいと思います。

スポンサーリンク

ポイント

2021年3月期第2四半期決算

CAGR(年平均成長率)30%達成に向け順調

前年同比で大幅増益

クラウド事業

顧客数が順調に増加

IT人材事業

1Qは赤字だったものの回復傾向

2021年3月期計画

年平均成長率30%達成見込み

計画は上方修正

2022年3月期から減益もいとわず、成長投資を強化

義光
義光

来年は減益傾向かもしれません。この時に株を買うのも手ですね。

売上高は30%増加

営業利益は150%増加しています。

義光
義光

営業利益がすごい伸びていますね。

人件費は増加していますが、成長に必要な増員です。

義光
義光

人手不足の現在では、必要な投資と言えます。

貸借対照表で注目したいのは自己資本比率の高さです。

義光
義光

驚異の70%台です。

クラウド事業サービス別の売上を見てみると楽々清算が一番売上が大きいですが、メールディーラーや

メール配信事業なども手掛けています。

義光
義光

楽々清算だけじゃないんですよ。

楽々清算の導入社数推移

年々増加してはいるものの、頭打ち傾向にあると言えます。

ラクスの経営方針

ラクスは年平均成長率30%を目標としていて、これが達成している限り、株価は上昇していくと思います。

逆に言えば30%を切った時、株を手放す必要があるかもしれません。

重要指標

ラクスは重要指標として一株利益と株主還元を挙げています。

一株利益は15円を目標に

株主還元は9期連続増配を考えています。

このままラクスが成長していけば、株保有者は大きな利益をもたらすことになるかもしれませんね!

以上。

コメント