スポンサーリンク

グッドスピードの株価は上がる?強みと弱みを分析

こんにちは、サラリーマン兼株式投資家の義光です。

今回は「グッドスピードの株価」を分析し、さらに強みと弱みを分析したいと思います。

🔳グッドスピードの株価を分析

✅直近の決算は赤字

✅今期予測通りであれば過去最高益

✅売上は4年で2倍

🔳グッドスピードの強みと弱みを分析

✅SUVを中心に販売

✅驚異的なスピードで店舗を拡大

✅付帯サービスが堅調に推移

✅ファンとのつながり

✅営業利益が少ない【弱み】

グッドスピードの株価は、今後どうなるかな・・・

今回は、そんな疑問にお答えしていきます。

【結論】グッドスピードの株価は、店舗が拡大していけば上がる

グッドスピードの株価は、直近の決算では赤字を出しましたが、1年で3倍近く上昇しました。

株価上昇の鍵は、新店舗の順調な稼働です。

今回は「グッドスピードの株価」を分析し、さらに強みと弱みについて解説していきたいと思います。

グッドスピードの株価を分析

それでは、グッドスピードの株価を分析していきましょう。

グッドスピードの株価は、直近の決算では赤字を出しましたが、1年で3倍近く上昇しました。

まずはグッドスピードの現状について、簡単に整理しておきましょう。

直近の決算は赤字

2020年度は不採算店舗の減損で、最終利益が赤字となりました。

下図は、グッドスピードの直近の株価チャートです。

2020年7月頃の株価は700円でしたが、現在は2000円程に上昇しています。

2021年の業績予想が、過去最高になる見込みという材料で、買われたのが要因です。

今期予測通りであれば過去最高益

2021年の業績予想は、売上高440億円 最終利益3億円の見込みです。

下図はグッドスピードの業績予測です。

今期のグッドスピードの業績は過去最高となりそうです。

果たしてここから、株価はどのように推移していくのか?

以下に、グッドスピードの強みと弱みについて詳しく解説していきましょう。

グッドスピードの強みと弱みを分析

ここまで、グッドスピードの株価について解説してきました。

グッドスピードの株価は、店舗拡大が成功すれば上昇するでしょう。

以下に、グッドスピードの強みと弱みについて解説していきます。

SUVを中心に販売

グッドスピードは中古車販売店ですが、取り扱う車の90%がSUVです。

SUVとはスポーツやレジャーに適した装備を持った利便性の高い車です。

今は空前のキャンプブームなので、SUVの車は飛ぶように売れています。

日本自動車販売協会連合会の統計を見れば、その人気が一目瞭然です。

日本自動車販売協会連合会 SUV売上台数

SUVの人気が続く限り、グッドスピードの業績は上昇し続けるでしょう。

驚異的なスピードで店舗を拡大

グッドスピードは、毎期2店舗のペースで出店することを目標にしています。

現在の拠点数は37点

その内、在庫が200台以上あるMEGA店舗は6店舗

東海を中心に店舗を増やしていますが、2021年4月には兵庫県に進出。

全国展開も視野に入れています。

2021年4月 MEGA SUV 神戸大蔵谷店オープン(関西初)

2021年9月 MEGA SUV清水鳥坂店オープン

付帯サービスが堅調に推移

グッドスピードは車を売るだけではなく、様々な付帯サービスを提供しています。

  • レンタカー事業
  • 車検・事故対応
  • タイヤ保証
  • 洗車
  • 保険
  • 保証
  • メンテナンス

カーライフのトータルサポートを目指しており、販売店にサービスファクトリーの併設も行っています。

中古車販売業界は多数乱戦

中古車販売業界は多くの会社が市場に参入し、多数乱戦の状態です。

その内、グッドスピードのシェアは1%もありません。

逆に言えば、シェアを10%でも勝ち取れば、一気に業績を伸ばすことができます。

店舗が、関東、東北、九州に拡大していけば、10%のシェア獲得も夢ではありません。

ファンとのつながり

グッドスピードの取り組みで面白いと思ったのが、ファン(お客さん)と交流を積極的に行っていることです。

  • キャンプ
  • スノボー
  • 登山
  • サバイバルゲーム
  • アウトドア料理教室
  • ツーリング

こういったイベントでファンと交流することで、着々とグッドスピードのブランドを築き上げています。

営業利益が少ない【弱み】

これは弱みの部分になりますが、グッドスピードの営業利益率は1%以下です。

店舗拡大によって、利益が圧迫されていることもありますが、かなり低い割合です。

中古車を取り扱っているので、薄利多売は仕方のないことかもしれません。

売上は大きく伸びても、利益は少しずつ増えていくことになるでしょう。

まとめ

以上により、今回は「グッドスピードの株価」を分析して、さらに強みと弱みについて書きました。

ここまで解説してきた項目について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。

🔳グッドスピードの株価を分析

✅直近の決算は赤字

✅今期予測通りであれば過去最高益

✅売上は4年で2倍

🔳グッドスピードの強みと弱みを分析

✅SUVを中心に販売

✅驚異的なスピードで店舗を拡大

✅付帯サービスが堅調に推移

✅ファンとのつながり

✅営業利益が少ない【弱み】

【結論】グッドスピードの株価は、店舗が拡大していけば上がる

グッドスピードはわずか1年で株価を3倍に増やしています。

今後の株価上昇のカギは店舗の拡大です。

新店舗が順調に稼働して、SUVの人気が落ちなければ、株価は上昇していくでしょう。