スポンサーリンク

アルチザネットワークスの株価はどうなる?【割安成長株】

こんにちは、サラリーマン兼株式投資家の義光です。

今回は「アルチザネットワークスの株価」を分析して、強みと弱みについて解説していきたいと思います。

🔳アルチザネットワークスの株価を分析

✅アルチザネットワークスの事業

✅アルチザネットワークスの株価

✅アルチザネットワークスの業績

🔳アルチザネットワークスの強みと弱み

✅5G事業

✅ドコモへの売上が増えている

✅打倒アンリツ

✅IPネットワークソリューション部門が営業赤字(弱み)

アルチザネットワークスの株価は、今後どうなるかな・・・

今回は、そんな疑問にお答えしていきます。

【結論】アルチザネットワークスの株価は、5Gの普及に伴い上昇する

アルチザネットワークスの株価は現在、PERが15%と割安の価格となっています。

業績は増収増益傾向にあり、5Gの普及が進めばさらなる株価の上昇が期待できます。

今回は「アルチザネットワークスの株価」を分析して、強みと弱みについて解説していきたいと思います。

アルチザネットワークスの株価を分析

それでは、アルチザネットワークスの株価を分析していきましょう。

アルチザネットワークスの現在の株価は、PERが15%で割安の状態です。

まずはアルチザネットワークスの現状について、簡単に整理しておきましょう。

アルチザネットワークスの事業

主に二つの事業に分けられます。

モバイルネットワークソリューション 売上35億円

5Gに対応するテスターの国内販売

4G、5Gに関する基地局テストサービス

IPネットワークソリューション 売上5億円

パケットキャプチャ製品の販売

パケットキャプチャとは、ネットワークにながれるパケットを収集することです。

ネットワーク障害の調査や、セキュリティテストをしたい技術者向けの製品です。

アルチザネットワークスの株価

現在は下降トレンドとなっており、株価は1300円ほどです。

PERは15%で割安の分類に入ります。配当性向は20%

今後の業績で増収増益が見込まれれば、株価が上昇する可能性は高いでしょう。

アルチザネットワークスの業績

直近の業績

  • 売上40億円
  • 前年対比で20%増
  • 営業利益率20%

業績予想

  • 来期 売上45億円
  • 2025年に売上80億円

アルチザネットワークスの業績は5Gの普及が追い風となり、増収増益です。

果たしてここから、アルチザネットワークスの株価はどうなるのでしょうか?

以下に、強みと弱みについて解説していきましょう。

アルチザネットワークスの強みと弱み

ここまで、アルチザネットワークスの株価について解説してきました。

アルチザネットワークスの株価は、5Gが利用が広まれば、上昇していくでしょう。

以下に、アルチザネットワークスの強みと弱みについて解説していきます。

5G事業

アルチザネットワークスの事業は5Gの運用が進めば進むほど、売上が増えていきます。

現在、世界中で動画配信サービスが普及しており、5Gへの期待が高まっています。

アルチザネットワークスの売上増加にも期待できますね。

ドコモへの売上が増えている

アルチザネットワークスの主要な取引先としてNTTドコモがあります。

直近の決算ではNTTドコモへの売上が25億円ほどありました。

前期の決算では10億円だったので、2倍以上売上が増えたことになります。

打倒アンリツ

アルチザネットワークスと同じ事業を営む最大手として、アンリツという会社があります。

アンリツの時価総額が2600億円、アルチザネットワークスは120億円

20倍もの差がありますが、それだけアルチザネットワークスが成長する可能性もあるのです。

IPネットワークソリューション部門が営業赤字(弱み)

直近の決算では45百万円の赤字を出しています。

その前の決算では62百万円の赤字。

モバイル部門が好調な裏で、苦戦を強いられています。

まとめ

以上により、今回は「アルチザネットワークスの株価」を分析して、強みと弱みについて解説させて頂きました。

ここまで解説してきた項目について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。

🔳アルチザネットワークスの株価を分析

✅アルチザネットワークスの事業

✅アルチザネットワークスの株価

✅アルチザネットワークスの業績

🔳アルチザネットワークスの強みと弱み

✅5G事業

✅ドコモへの売上が増えている

✅打倒アンリツ

✅IPネットワークソリューション部門が営業赤字(弱み)

【結論】アルチザネットワークスの株価は、5Gの普及に伴い上昇する

アルチザネットワークスの株価は、5Gが拡大すれば、大きく上昇する可能性があります。

仮にアンリツぐらい大きい会社になれば、テンバガーも夢ではありません。