スポンサーリンク

【90年代サッカー】ワールドカップアメリカ大会を語る!

こんにちは、82年生まれ懐古厨の義光です。

今回は歴代のワールドカップの中でも特に懐かしいと思う、ワールドカップアメリカ大会について書きたいと思います。

大会概要

日程       1994年6月17日~ 7月17日

大会結果

優勝       ブラジル (4回目)

準優勝    イタリア

3位        スウェーデン

最優秀選手 ロマーリオ

天気が良い

私のアメリカ大会のイメージはとにかく晴れている

真夏の炎天下でのデーゲームが多かった事が一つ。

もう一つはアメリカにはサッカー球場が少なかったため、屋根のないアメリカンフットボールのスタジアムを使っていたからです。

このサンサンと照り付ける太陽の中での映像が、非常に懐かしさを感じさせられます。

ロベルトバッジオ

この大会の主役はロマーリオではなく、バッジオではないかと思うくらい目立っていました。

スペイン戦での土壇場での勝ち越しゴール、最後のPKを外して、たたずむ姿もサッカー史に残る名場面です。

なんかもう、わざと外したんじゃないかと疑うくらいに、にくい演出でした。

ワールドカップの決勝がPKだったのは今大会が初めて。

ドーハーの悲劇

日本に目を向けてみると、この大会には参加していません。

最終予選のロスタイムに同点に追いつかれ、ワールドカップの出場を逃すというドラマがありました。

のちにドーハーの悲劇と呼ばれるものです。

当時私は小学校6年生だったと思いますが、かすかに憶えています。

イングランドとフランスも予選で敗退し、今大会には出場できませんでした。

マラドーナ最後のW杯

サッカーの英雄と言えばこの人

トラブルメーカーとも言えます。

この大会でドーピングが発覚され、大会から追放されてしまいました。

エスコバルの悲劇

アメリカ戦でオウンゴールをしてしまったコロンビア代表のアンドレス・エスコバルは、帰国後に地元のバーで射殺されてしまいました。

彼は、他のチームメイトが母国での批判を恐れアメリカに留まっていたのに対し、ファンやマスコミに説明する義務があると帰国を決意。

その矢先の悲劇でした。

勝ち点の変更

今大会でグループリーグにおける勝ち点が

「勝利2・引き分け1・敗戦0」→「勝利3・引き分け1・敗戦0」に変更。

これにより、守備重視の戦略はデメリットとなりました。

終わりに

最近、YOUTUBEでこのアメリカ大会の動画をみました。

もともとアメリカという国はサッカーに関心があまりないようですが、

この大会は開催国だけに、大きな関心を寄せていました。

大国アメリカがワールドカップに参加したことにより、

歴代の大会の中で一番盛り上がっていたのではないかと思います。