スポンサーリンク

【90年代ゲーム】風のクロノアについて語る!

義光
義光

バフー

奥さんが昔ハマっていたゲームということで、買ってみました。

普段はかわいい系、アクション系はやらないのですが、プレイしてみると面白いです。

今回は風のクロノアについて書きたいと思います。

発売日

1997年12月11日

キャラ

かわいい系

意味不明な言葉を発するが、訳が下に出てくる

ファントマイル語と呼ばれる

でたらめな言葉かとおもいきや、実在の言語が使われていたり、スキー用語を文字っているものもある。

操作

敵をリングで攻撃すると捕獲でき、それを飛ばして敵を倒す

カービーっぽい

リングでの攻撃はリーチが極小

難易度

それほど難しくない

ストーリー重視のゲームになっている

3Dマップ

奥行のあるマップとなっていて、奥に向かって敵を投げることも可能

購入する際の注意

PSストアから買うときは注意が必要

サウンドトラックが2000円ほどで売られているため、

本編と間違えて買わないようにしましょう

私は間違えて買ってしまいました

漫画

別冊コロコロコミックで『疾風天国 風のクロノア』が連載

『風のクロノア 4コママンガ劇場』 もあった。

アニメ

アメリカのアニメーション制作会社「Henshin」によるアニメ化が発表されたが、結局完成しないまま中止となった

義光
義光

夏休みはクロノアやることにする!