スポンサーリンク

【2021年度版】ロボアドバイザーおすすめランキング

ロボアドバイザーはすでに、確実な投資方法として投資家たちに定着しています。

今回は、数あるロボアドバイザーの中から、おすすめロボアドTOP7をお届けします。

ロボアドバイザーってどんな投資?

ロボアドバイザーとは、システムが自動的に投資を行ってくれる投資方法で、手間も時間もかかりません。

ロボアド投資は大きく分けると助言型と投資一任型に分かれます。

投資一任型…投資先の選定や実際の運用まで全て自動的に行ってくれる

助言型…投資先の選定などについての助言を行ってくれる

ロボアドバイザーを選ぶときの3つのポイント

選び方1 投資一任型を選ぶ

ロボアド投資の最大のメリットは、株式投資をシステムに全てを任せられるところです。

投資一任型のロボアドバイザーを使えば、入金を行ってからは何もせずに勝手に資産運用がされます。

毎日株式チャートを気にする必要はありません。

選び方2 ポイントを貯められるロボアドを選ぶ

ポイントサービスと連携できるロボアドがあり、THEOというロボアドは、資産額に応じて毎月dポイントがもらえます。

普段よく利用するサービスがあれば、連携しているロボアドにしましょう。

選び方3 手数料が安いロボアドにする

一般的にロボアドバイザーの手数料は、預け入れ資産の1%程度です。

この手数料は継続的な出費となるため、自分が許容できる手数料を選びましょう。

以上をふまえた上で、ロボアドおすすめランキングを発表します。

ロボアドバイザーおすすめランキング

第7位 SMBCロボアドバイザー

  • ・種類 助言型
  • ・手数料 〜1.007%
  • ・安定した運用成績を残す三井住友の投資信託
  • ・NISA口座で運用できる

NISA口座で運用することができるので、税金を支払う必要がなくなります。

また三井住友なので安定した運用が見込めます。 

第6位 マネックスアドバイザー

  • ・種類 助言型
  • ・手数料 0.496%
  • ・手数料が低い
  • ・ポートフォリオをカスタマイズできる
  • ・今話題のマネックス証券が提供するロボアド

マネックスアドバイザーを利用すると、簡単な質問に回答するだけで、自分だけのポートフォリオが作れます。

例えば、「景気はこの先、上昇すると思いますか?」という質問に「はい」「いいえ」「変わらない」を選んで答えることで、ポートフォリオが変更されます。

第5位 松井証券の投信工房

  • ・種類 助言型
  • ・手数料 0.34%
  • ・ロボアド利用料無料
  • ・100円から積立投資が始められる
  • ・松井証券という大手証券会社の運営

100円から始められるのと手数料が安いので、初心者でも気軽に始められます。

松井証券という大手証券会社が運営しているので安定さもあります。

第4位 楽ラップ

  • ・種類 一任型
  • ・手数料 0.715%
  • ・独自のリスク回避機能がある。
  • ・年率1%未満の低コストで資産運用を任せられる

楽天ユーザーにおすすめしたいロボアド。

ネット証券会社の楽天証券が提供するサービスのため手数料が安いです。

第3位 LINEスマート投資

  • ・種類 一任型
  • ・手数料 1%
  • ・新規アプリダウンロードの必要なくLINE上で始められる
  • ・毎週500円からの少額投資が可能
  • ・LINEポイントが貯まる

今やほとんどの人が使っているLINE。

そのLINE上で始められるのがLINEスマート投資。

使い慣れたアプリで始められるので初心者におすすめです。

さらにLINEポイントも貯まるので、お得です。

第2位 THEO

  • ・種類 一任型
  • ・手数料 ~1%
  • ・dポイントが貯まる(ドコモユーザーにおすすめ)
  • ・アプリが使いやすく、初心者におすすめ

THEOは、預けた資産額に応じてdポイントが毎月もらえます。

例えば、50万円を預け入れすると、毎月600ポイントがもらえます。

さらに、ドコモ回線の利用者であれば、もらえるポイントは1.5倍になります。

50万円預け入れたドコモ回線利用者であれば、毎月900ポイントがもらえるということになります。

ドコモユーザーであればTHEO一択でしょう。

第1位 WealthNavi

  • ・種類 一任型
  • ・手数料 1%
  • ・預かり資産3千億円の人気サービス
  • ・税金を安くするための自動最適化機能付き
  • ・自動積立で手間いらず

WealthNaviはロボアドの中で、預かり資産と運用者数でNO1の実績を持っています。

「自動税金最適化(DeTAX)」という独自の税金対策機能がついており、ポートフォリオを維持しながら利益が増えないよう調整し、節税してくれます。

具体的には、税負担が4,000円を超えてしまう場合に、その時点でリターンがマイナスになっている銘柄を自動的に売却し、同時に自動的に買い戻します。

まとめ

ロボアドの種類は数多くあり、選定に迷うと思いますが、選ぶポイントを押さえておけば自ずと決まってきます。

今回、オススメのロボアドをランキング方式でお伝えしました。

一任型であるか、手数料がいくらか、ポイントがたまるかを確認して、自分に合ったロボアドを見つけましょう。