スポンサーリンク

【2021年上場】IPOセカンダリー投資おすすめ銘柄7選

義光
義光

IPOセカンダリーでおすすめの銘柄教えて!

ここで言うIPOセカンダリー投資とは、上場したばかりの会社の株を買い、中長期でキャピタルゲインを狙う投資方法です。

個人投資家のカリスマ的存在、2億ためおさんが得意とする投資手法です。

今回は2021年に上場した、おすすめの銘柄7選をお届けします。

IPOセカンダリーおすすめ銘柄

QDレーザ(6613)

上場日:2021/2/5 赤字

(1)半導体レーザデバイス事業

(2)レーザ網膜投影事業 

光通信の量子ドットレーザを世界で初めて量産化することに成功。

紀文食品(2933)

上場日:2021/4/13 PER16.1倍

(1)国内食品事業(はんぺん、かまぼこなどの水産品の販売)

(2)食品関連事業(チルド食品を中心とした物流・管理

(3)海外食品事業

サイバートラスト(4498)

上場日:2021/4/15 PER67.6倍

(1)認証・セキュリティサービス、本人確認・電子署名

(2)OSSサービス

(3)IoTサービス

ファブリカコミュニケーションズ(4193)

上場日:2021/4/7  PER34.1倍

(1)携帯電話のSMSを使った法人向けマーケティング支援事業、

(2)中古車販売業務に必要な機能をクラウドで提供する業務支援システム

(3)車検や事故修理など行うオートサービス事業(創業来)

(4)WEBサービスの企画・開発

室町ケミカル(4885)

上場日:2021/2/26  PER26.2倍

(1)医薬品事業(原薬の輸入・製造・分析・加工)、

(2)化学品事業(液体から不純物を取り除くイオン交換樹脂や分離膜)、

(3)健康食品事業(スティックゼリーなどゼリー形態の食品が中心)を展開する。

Enjin(エンジン)(7370)

上場日:2021/6/18  PER58.9倍

(1)法人/経営者向けPR支援サービス、

(2)医療機関/医師向けPR支援サービス、

(3)メディアと企業や医療機関をマッチングするプラットフォーム「メディチョク」、

(4)決裁者アポイントマッチングサービス「アポチョク」を提供している。

表示灯(7368)

上場日:2021/4/7  PER16倍

(1)全国の鉄道駅や自治体庁舎、運転免許センターなどの広告付きの周辺案内地図を設置し運用する事業

(2)電車内に設置する車両広告、屋外広告、WEB広告

(3)広告や看板、案内板の企画設計・施工

PERが低い会社がおすすめ

上場して間もない会社は、業績が伸びやすいので、投資家たちに人気です。

なので、必然的にPERも高くなってきます。

しかし、PERが高いと突然暴落する場合がありますので、PERが低い会社に投資するのがおすすめです。

QDレーザーが話題に

光通信の量子ドットレーザを世界で初めて量産化することに成功したということで、株価が大きく上昇しました。

今はまだ赤字ですが、黒字化したらさらに株価は伸びるでしょう。

売上が伸びている会社に投資しよう

営業利益率や自己資本比率、配当利回りなど見るところはたくさんあります。

かと言ってすべて条件を満たす、会社は少ないでしょう。

私は売上の伸び率と、PERの2つを見て投資するか判断します。

私のおすすめ

表示灯です。

PERが低いのと、自治体向けにサービスを提供していること。

この2点が魅力的です。

というわけで、2021年に上場したおすすめの銘柄を7つ書きました。

IPO投資は値動きが激しいので、ハイリスクハイリターンです。

どれだけの損を許容できるか考えてから投資しましょう。