【2020年9月度】東京センチュリーのIR情報を読み解く!

スポンサーリンク

東京センチュリーは主にリースを事業とする会社ですが、配当利回りが良いということで注目しています。

今回は2020年9月度の東京センチュリーのIR情報について書きたいと思います。

スポンサーリンク

業績はイマイチ

売上高は増加しているにも関わらず、経常利益は前年同期で7.7%減

コロナの影響でレンタカーの売上減。

セグメント別資産高は全体的に増加

通期予想の変更はなし

変更はないが、前年対比で減収減益。

配当金は前期と同額を維持

国内リース事業

NTT・TCリースの投資利益を計上

営業利益は前年割れ。

国内オート事業

コロナの影響でレンタカーの売上減。

スペシャルティ事業

スペシャリティとは、船舶、航空、エネルギー、不動産事業のこと

NTTと協業。

国際事業

経常利益増加

パートナシップ戦略

アマダ、伊藤忠、NTTと協業

超優良企業のNTTと協業

東京センチュリーは超優良企業のNTTと協業しています。

キャピタルゲインはあまり期待できませんが、配当金目当てで株を買うのもアリだと思います。

以上!