【騒音】線路の近くに住むってどう?【実体験】

スポンサーリンク

こんにちは、義光です。

住む家を探す時に、気に掛けることの一つに

騒音があると思います。

今回は線路の近くに住む時に騒音がどの程度影響を受けるかを

実体験を元に説明したいと思います。

ズバリ、

早起きの人は線路の近くでも問題ない!

です。

スポンサーリンク

夜は気にならない

私は10時~11時くらいに寝ているのですが、

寝るときの騒音は気になりません。

電車に乗っている時でも眠くなる時がありますよね。

人間、眠いときは音は関係ないのです。

朝は電車の音で起きる

人は朝起きようとする習慣がついているため、

ある程度大きい音を聞くと、反射的に起きてしまいます。

なので、休日朝ゆっくり寝ていたいという人は

線路の近くに住むのはやめておきましょう。

線路に近い家のメリット

日当たりが良い

線路の近くに大きなビルは基本建てないので

日差しを遮断されることはありません。

家賃が安い

線路が近い家は敬遠されます。

騒音が気になるからです。そのため借り手が少なく

家賃が下がりやすくなっています。

というわけで、朝が強い人には線路が近い家はオススメです!

コメント