【資産運用】離婚するときにかかる費用を解説

スポンサーリンク

年間約60万組が結婚し、約22万組が離婚している世の中です。

離婚した時にどのくらいお金がかかるか気になりませんか?

この記事を読めば、仮に離婚した時にどれだけ費用がかかるのかがわかります。

スポンサーリンク

引っ越し 10~50万円

専業主婦やパートの場合は部屋が借りられない事もあるので、

公営住宅なども検討しましょう。

家具家電 10~30万円

新居で使う家具や家電。相手との資産分与により費用は増減する。

子供の転校 3~15万円

転校先の制服代、教材費

生活費 20~60万円

3か月から半年分。

弁護士費用 ~150万円

調停離婚や判決離婚では弁護士が必要になります。

就職活動 ~10万円

専業主婦の人は働き口を探さないといけなくなります。

財産分与

婚姻期間に貯めた財産は、基本的に2分の1となる。

金融資産や家具、家電、車も対象となる。

スポンサーリンク

年金分割

婚姻期間に払った年金を、老後に年金としてもらう権利を分割できる。

合意分割 夫婦の合意によって分割割合が決まる。

3号分割 平成20年4月以降に積み立てられた厚生年金を、相手の了承なしに分割可能。

慰謝料 50万~数百万円

離婚の原因を作った方が支払う。お互いが納得すればない場合もある。

養育費

子供の年齢や夫婦の収入によって決める。子供が18歳になるまでの教育費を払う。

というわけで、今回は離婚した時にかかる費用についてまとめてみました。

離婚という選択肢が避けて通れない場合、費用について

十分検討しながら、話を進めましょう。

コメント