スポンサーリンク

【評論】東京オリンピックはいつ開催すべきか

2020年行われるはずだった東京オリンピック。

新型コロナの影響で一年延長が決まったものの、まだそのリスクが払拭できないまま、2021年の開催を決定しました。

しかし私はもう一年延長すべきだと思います。今回は東京オリンピックをいつ開催すべきかを書きます。

東京オリンピックの開催期間

2021年7月23日(金)~8月8日(日)

この期間で開催されるのは、まず間違いないでしょう。2度目の延期はないと思います。

ワクチンが普及してから開催

世界各国でワクチンの接種が始まり、日本でも医療従事者への接種が始まっています。

高齢者への接種は4月中旬からということですが、オリンピックの開催までに、一般成人も接種することは可能なのでしょうか?

おそらく無理だと思います。早くて年末がいいところでしょう。

オリンピックは各国から多くの選手が参加します。

少なくとも東京近郊の全員に、ワクチン接種をしてから開催すべきでしょう。

経済効果はあるのか

今回の東京オリンピックは無観客、もしくは少数での観客で行われると思います。

そしてオリンピックを見に行こうとする外国人観光客の入国も制限されるでしょう。

これでは計画していた経済効果の半分も満たないのではないでしょうか。

先行投資していた選手村や、建設費用も回収するのが難しくなります。

であればオリンピック会場に出入りできる人は、ワクチン接種者とし、ある程度観客を会場に入れた方が良いと感じます。

選手のコンディションは100%ではない

今年開催すると言っても、選手たちのコンディションは十分ではないはずです。

全く練習できないというわけでもないでしょうが、やはりコロナを意識した練習になるので思うような練習ができないと思います。

そんな状態で世界一を決めて意味があるのかと、疑問が出てきます。

オリンピック以外の大会

新型コロナのリスクはまだ残っているものの、各地でサッカー、テニス、バスケなどの試合は執り行われています。

それを考えると、オリンピックも開催できそうです。しかし成功するかは別の話です。

先ほども書きましたが、オリンピックに投資したお金を回収しなければなりません。

赤字になって、税金や国債で補うなんて、もっての外です。

周りの目を気にして開催をするのではなく、国益を最優先に考え判断すべきです。

森喜朗会長の辞任

森会長は女性軽視問題の責任を取る形で辞任しました。

トップが変わるということは、他の人事にも影響するはずです。

開催まであと半年を切ったというのに、本当に良いオリンピックが開催されると思いますか?

その後、後任として橋本聖子氏が就任することが発表されました。

相次ぐ聖火ランナーの辞退

将棋界から藤井プロ、芸能界から常盤貴子、斎藤工など、数多くの著名人たちが辞退を発表しています。

また聖火ランナーだけではなく、ボランティアの人達も辞退の波が広がっています。

まとめ

このような状況下ではオリンピック自体は開催できると思いますが、問題は中身です。

選手たちのコンディションはもちろん、オリンピックを運営する人達や、ボランティアの人達の準備が終わってからオリンピックを開催すべきだと思います。