【決定版】マンガ歴代売上ランキングTOP10

スポンサーリンク
ゲーム・漫画・アニメ
義光
義光

マンガの歴史上、最も売り上げた作品は何だろう?

アイちゃん
アイちゃん

手塚治虫かな?

日本が誇るマンガ文化。その歴史は長く、数多くの単行本が売れていきました。

ドラゴンボール、幽遊白書、ジョジョの奇妙な冒険、ワンピース、鬼滅の刃。ジャンプコミックスだけでも、名作が沢山あります。

そこで気になるのが、どのマンガが一番売上をあげたのかということです。

今回はマンガの歴代売上ランキングをお送りします。

スポンサーリンク

マンガ歴代売上ランキングTOP10

マンガ歴代売上第8位 鬼滅の刃 1億2000万部

マンガ歴代売上第8位 BLEACH 1億2000万部

マンガ歴代売上第8位 スラムダンク 1億2000万部

マンガ歴代売上第7位 美味しんぼ 1億3000万部

マンガ歴代売上第6位 こちら葛飾区亀有公園前派出所 1億5650万部

マンガ歴代売上第5位 名探偵コナン 2億3000万部

マンガ歴代売上第4位 ナルト 2億5000万部

マンガ歴代売上第3位 ドラゴンボール 2億6000万部

マンガ歴代売上第2位 ゴルゴ13 2億8000万部

マンガ歴代売上第1位 ワンピース 4億7000万部

売上ってどのくらい?

1冊500円で計算すると、第一位のワンピースは

4.7億×500円=2,350億円

の売上となります。

巻数が多いと売上も伸びる

「こちかめ」は良い例で200巻も発売されていますので、6位にランクインしています。

ワンピースやコナンは今後も売上を伸ばしていくでしょう。

逆に連載が終了した鬼滅の刃は、ワンピースの売上を抜くことはないでしょう。

まさかの2位

ゴルゴ13が2位という事実に驚かれた人は多いのではないでしょうか。

実はこのマンガ、こちかめ同様長寿マンガであり、巻数にして200巻まで出ています。

今なお連載は続いており、売上は伸び続けると思います。

https://www.amazon.co.jp/

鬼滅の刃は

昨年、社会現象となるほど人気を博した鬼滅の刃は、BREACH スラムダンクと同位の8位。

映画の興行ランキングでは日本一位となり、日本を代表するマンガとなりました。

ジャンプマンガが多い

TOP10のうち、7つもジャンプコミックスが入ってます。少年コミックスはジャンプ、サンデー、マガジンの三巨頭ですが、ジャンプが頭一つ飛びぬけていることがわかります。

義光
義光

1位はワンピースだったね。

アイちゃん
アイちゃん

記録はまだまだ伸びそうな感じするね!