スポンサーリンク

【株式投資の基本】チャート分析ってどうやるの?

こんにちは、におくためお崇拝者の義光です。

今回は「株式投資の基本」であるチャート分析について解説していきたいと思います。

🔳チャート分析について

✅チャートの種類

✅チャートの分析手法

🔳ローソク足について

✅ローソク足チャートを理解する

✅移動平均線を理解する

チャート分析ってどうやるのかな・・・

今回は、そんな疑問にお答えしていきます。

株式投資をする上で、チャート分析の知識は必要不可欠です。

今回はチャート分析とはなんぞや、という事と

チャート分析の基本であるローソク足について解説してきたいと思います。

チャート分析について

それではチャート分析について解説していきましょう。

チャート分析とは、株売買の判断材料として多くの投資家が活用している情報です。

まずはチャートの種類について、簡単に整理しておきましょう。

チャートの種類

バーチャート、ローソク足、カギ足、ラインチャート、新値足、ポイントアンドフィギュアなど沢山あります。

チャートの分析手法

大きく分けて2つの手法が挙げられます。

トレンド系

相場の方向性を予測するのに用いられます。

ローソク足、一目均衡表、パラボリック、エンベロープ、エリオット波動などが代表的な手法です。

オシレーター系

買われ過ぎ、売られ過ぎといった、相場の活況を分析する時に用いられます。

RSI、モメンタム、ストキャスティックス、サイコロジカルラインなどが代表的な手法です。

チャートの種類は多いので、すべてを一度に覚えるのは大変です。

なので今回は、最もポピュラーであるローソク足について解説していきます。

ローソク足について

ここまで、チャートとはなんぞや、ということを解説してきました。

チャート分析を全部覚えるのは大変なので、その中の一つであるローソク足について説明します。

ローソク足チャートを理解する

ローソク足チャートとはある期間の値動きを四角と縦線で表したものです。

始値

初めに付いた価格

終値

最後についた価格

高値

最も高い価格

安値

最も低い価格

陽線

始値より終値が高い場合を呼ぶ

白塗りの四角で表す

陰線

始値が終値より低い場合を呼ぶ

黒塗りの四角で表す

高値と安値は四角の中心に1本の縦線で表示されます。

一日は日足、一週間は週足、一か月は月足と呼ばれます。

移動平均線を理解する

移動平均線はある期間の株価の終値を平均値を折れ線グラフ化したものです。

3つの期間を表示させることが多く、日足の場合は5日、25日、75日が設定されています。

売買の判断材料となる

移動平均線は、投資家の平均取得価格となりますので、移動平均線より株価が高ければ割高、低ければ割安との判断が出来ます。

以下は移動平均線を利用した売買判断の有名な用語です。

ゴールデンクロス

株価下落時に短期の移動平均線が、長期の移動平均線を下から上抜いた状況を呼びます。

株価が上昇に転じるサインと言われています。

デッドクロス

ゴルデンクロスの逆バージョンです。

株価上昇時に短期の移動平均線が、長期の移動平均線を上から下抜いた状況を呼びます。

株価が下落に転じるサインと言われています。

ダブルボトム

株価が下落トレンドから反転して上昇するも、再び安値付近まで下落し、さらに再び反転した場合にチャートの形がアルファベットの「W」の形になることを指します。

「W」の形の中心の高値を上回ると買いのサインと言われています。

ゴールデンクロスと同じく逆バージョンがあり、ダブルトップと呼ばれます。

まとめ

今回は「株式投資の基本」であるチャート分析について解説してきました。

ここまで解説してきた項目について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。

🔳チャート分析について

✅チャートの種類

✅チャートの分析手法

🔳ローソク足について

✅ローソク足チャートを理解する

✅移動平均線を理解する

今回はチャート分析について大枠を説明し、ローソク足について詳しく書きました。

また今度、違うチャート分析について書きたいと思います。