スポンサーリンク

【株式投資の基本】キャッシュフローの見方

こんにちは、におくためお崇拝者の義光です。

今回は株式投資におけるキャッシュフローの見方について解説したいと思います。

🔳キャッシュフローの見方

✅営業キャッシュフローがマイナスは問題外

✅投資キャッシュフローがマイナスは成長企業に多い

✅財務キャッシュフローがマイナスは健全企業に多い

🔳キャッシュフローからわかる優良企業の見分け方

「キャッシュフローってどうやって見れば良いのかな?」

今回はこんな疑問にお答えします。

【要約】

キャッシュフローは営業、投資、財務の3つの種類があります。

営業キャッシュフローがマイナスの企業は儲かっていません。

投資キャッシュフローがマイナスの企業は設備投資を積極的に行っています。

財務キャッシュフローがマイナスの企業は借入が少なく、支払いに余裕があります。

キャッシュフローの見方

それでは、キャッシュフローの見方について解説します。

キャッシュフローには3つの種類があり、

営業キャッシュフロー

投資キャッシュフロー

財務キャッシュフロー

それぞれ内容が違います。

ここではキャッシュフローの内容から企業がどういった状況かを解説していきます。

営業キャッシュフローがマイナスは問題外

営業キャッシュフローがマイナスということは、事業で利益を出していないということです。

お金を増やすためには、資産を売るかお金を借りるかしかありません。

黒字が出ているのにも関わらず、お金がないために倒産する可能性もあります。

投資対象として見ないことが無難です。

投資キャッシュフローがマイナスは成長企業に多い

投資キャッシュフローがマイナスということは、資産を購入する際の支払いが多いということです。

つまり、設備投資に力を入れているということがわかります。

グロース銘柄はここがマイナスである企業が多いです。

財務キャッシュフローがマイナスは健全企業に多い

財務キャッシュフローがマイナスということは、少ない借り入れで債務を支払っていることになります。

資金が潤沢にあり、支払いに余裕がある大企業は、マイナスであることが多いです。

キャッシュフローからわかる優良企業の見分け方

ここまで、キャッシュフローがプラスマイナスかで、企業がどういう状況かを解説しました。

では実際にキャッシュフローで優良企業を見分ける方法を以下に書きます。

ケース1

営業活動CF +

投資活動CF -

財務活動CF -

営業活動で得た資金で設備投資と債務の支払いを行った。優良企業。

ケース2

営業活動CF +

投資活動CF -

財務活動CF +

営業活動で得た資金と借入金で設備投資を行った。設備投資に積極的。

ケース3

営業活動CF +

投資活動CF +

財務活動CF +

営業活動が順調で資産を売却し、さらに資金調達を行った。成熟企業。

ケース4

営業活動CF +

投資活動CF +

財務活動CF -

営業活動と資産を売却して得た資金で借入金の返済を行った。

ケース5

営業活動CF -

投資活動CF +

財務活動CF +

営業活動が不調で資産売却や借入により資金調達を行った。とにかくお金がない要注意企業。

ケース6

営業活動CF -

投資活動CF +

財務活動CF -

営業活動が不調で資産の売却で返済を行った。

ケース7

営業活動CF -

投資活動CF -

財務活動CF +

営業活動が不調であるが、資金調達により設備投資を行った。

ケース8

営業活動CF -

投資活動CF -

財務活動CF -

営業活動が不調であるにもかかわらず、借入金の返済を行い、さらに設備投資を行った。留保利益がある企業

まとめ

以上により、今回は株式投資におけるキャッシュフローの見方について解説しました。

ここまで解説してきた項目について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。

🔳キャッシュフローの見方

✅営業キャッシュフローがマイナスは問題外

✅投資キャッシュフローがマイナスは成長企業に多い

✅財務キャッシュフローがマイナスは健全企業に多い

🔳キャッシュフローからわかる優良企業の見分け方

【要約】

キャッシュフローは営業、投資、財務の3つの種類があります。

営業キャッシュフローがマイナスの企業は儲かっていません。

投資キャッシュフローがマイナスの企業は設備投資を積極的に行っています。

財務キャッシュフローがマイナスの企業は借入が少なく、支払いに余裕があります。

また今度、株式投資の基本について書きたいと思います。