スポンサーリンク

【割安成長株おすすめ】INTLOOP(9556)

こんにちは、におくためお崇拝者の義光です。

今回は「INTLOOP」という会社を企業分析して、強みと弱みについて解説していきたいと思います。

🔳INTLOOPを企業分析

✅事業内容

✅業績

🔳INTLOOPの強みと弱み

✅フリーランス人材を起用

✅労働力不足

✅YOUTUBE広告

✅自己資本比率が20%(弱み)

INTLOOPってどんな会社かな・・・

今回は、そんな疑問にお答えしていきます。

【要約】INTLOOPはフリーランス人材を起用した人材サービスを提供

INTLOOPの社員とフリーランス人材が連携してコンサルします

最近YOUTUBE広告でも見かける、有力成長企業

INTLOOPを企業分析

それでは、INTLOOPを企業分析していきましょう。

まずはINTLOOPの現状について、簡単に整理しておきましょう。

事業内容

プロフェッショナル人材ソリューションサービス

フリーランス人材を顧客企業に提供

コンサルティングサービス

INTLOOPの社員とフリーランス人材が連携してコンサルする

WEBサービス

IT関連の情報サービスの提供

業績

前期実績 売上130億円 前年同期比40%増

営業利益 8億円 営業利益率6%

通期見通し 売上170億円

INTLOOPの強みと弱み

ここまで、INTLOOPの事業内容と業績について解説してきました。

以下に、INTLOOPの強みと弱みについて解説していきます。

フリーランス人材を起用

コンサルタント 15000人

ITエンジニア 12000人

登録者は増加傾向

フリーランス人材の人達にとっては、個人で受注できないような案件を受託することができる

労働力不足

2030年には国内において600万人の労働力が不足すると言われています。

DXと人材不足の解消は、全ての企業が共通して抱える問題

INTLOOPの事業内容は、この問題に対して足を踏み込んでいく重要な事業だと思います。

YOUTUBE広告

最近、YOUTUBE広告でINTLOOPの広告をよく見かけます。

人材派遣業は知名度が大事なので、人が良く目につく広告

自己資本比率が20%(弱み)

自己資本比率が高い程、企業の倒産する可能性低いと言われています。

INTLOOPの自己資本比率は20%と他の企業と比べても低いのが気になります。

営業利益も6%となっており、10%を切っているので、少し弱い気がします。

まとめ

以上により、今回は「INTLOOP」を企業分析して、強みと弱みについて解説させて頂きました。

ここまで解説してきた項目について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。

🔳INTLOOPを企業分析

✅事業内容

✅業績

🔳INTLOOPの強みと弱み

✅フリーランス人材を起用

✅労働力不足

✅YOUTUBE広告

✅自己資本比率が20%(弱み)

【要約】INTLOOPはフリーランス人材を起用した人材サービスを提供

INTLOOPの社員とフリーランス人材が連携してコンサルします

最近YOUTUBE広告でも見かける、有力成長企業

また気になる銘柄があればブログに書きますね。