スポンサーリンク

【割安成長株おすすめ】中本パックスの株価はどうなる?

こんにちは、におくためお崇拝者の義光です。

今回は「中本パックスの株価」を分析して、強みと弱みについて解説していきたいと思います。

🔳中本パックスの株価

✅事業内容

✅業績

✅株価

🔳中本パックスの強みと弱み

✅すべてのセグメントで増収増益

✅グローバル化

✅M&A

✅株主優待券

✅PET製品の開発

中本パックスの株価は、今後どうなるかな・・・

今回は、そんな疑問にお答えしていきます。

【結論】中本パックスの株価は、現在買い時であり、緩やかに上昇する

中本パックスの株価は現在、価格帯出来高最も多い株価であり、買い時と考えています。

業績は増収増益が続いており、株主優待もあるので配当目的として保有しておくのもアリです。

今回は「中本パックスの株価」を分析して、株価が5年で回復する理由について解説していきたいと思います。

中本パックスの株価

それでは、中本パックスの株価を分析していきましょう。

中本パックスの業績は増収増益で好調であり、今後も成長していくと予想できます。

まずは中本パックスの現状について、簡単に整理しておきましょう。

事業内容

グラビア印刷・包装加工技術を中心とするラミネート、コーティング事業を展開しています。

例えば

  • 食品関係 冷凍食品 デリバリー容器
  • IT関係 スマホ 自動車
  • 医療関係 麻酔テープ フェイスシールド

生活に密着した商品を取り扱っています。

業績

今期、第2Qの時点で売上高、営業利益が過去最高を更新

第2Q時点で売上が前年同期比18%、計画比9%と好調に推移

売上増加率は10%程度と物足りませんが、中期経営目標として売上500億、経常利益率5%を掲げています

株価

株価は現在1700円~1800円を推移しています。

PERは9.7倍と割安水準で、利回りが約3%とお買い得な銘柄だと思います。

価格帯別出来高を見てみると、1600円付近で一番多い出来高となっており、現在の価格から大きく下落する可能性は低いです。

中本パックスの業績は、成長率こそ物足りないものの、着実に成長の兆しを見せています。

果たしてここから、中本パックスの株価は上昇していくのでしょうか?

以下に、詳しく解説していきましょう。

中本パックスの強みと弱み

ここまで、中本パックスの株価と業績について解説してきました。

現在の株価は割安水準で、出来高が一番多い株価になっています。

以下に、中本パックスの強みと弱みについて解説していきます。

すべてのセグメントで増収増益

  • 食品関連 売上 前年同期比 10%増
  • IT・工業材関連 売上 前年同期比 33%増
  • 生活資材関連 売上 前年同期比 55%増
  • 建材関連 売上 前年同期比 15%増
  • 医療・医薬関連 売上 前年同期比 15%増

利回りも約3%なので、長期保有としてもおすすめです。

グローバル化

ベトナムに子会社設立し、2021年3月に工場が完成しました。

東南アジアで積極的に事業展開しています。

その他に国内10工場、中国に3工場あり、アメリカも視野に入れています。

M&A

三国紙工という会社を子会社化しました。

もともと紙を取り扱う会社であったため、

そのノウハウを活かし、紙製耐熱容器を開発しました。

今後とも積極的にM&Aに取り組む予定です。

株主優待券

  • 100株 クオカード 1000円分
  • 200株 クオカード 2000円分

PET製品の開発

中本パックスはメーカーとしての役割を持っており、製品開発に力を入れています。

  • ナカペット 環境にやさしい 断熱性が高い 耐熱容器
  • NCペット オーブン調理が可能 耐熱性 グラタン 飛行機の機内食
  • NSペット ヒートシールが可能 

ヒートシールとは接着剤を使わずに熱でフィルム同士を接着することです

まとめ

以上により、今回は「中本パックスの株価」を分析して、強みと弱みについて解説させて頂きました。

ここまで解説してきた項目について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。

🔳中本パックスの株価

✅事業内容

✅業績

✅株価

🔳中本パックスの強みと弱み

✅すべてのセグメントで増収増益

✅グローバル化

✅M&A

✅株主優待券

✅PET製品の開発

【結論】中本パックスの株価は、現在買い時であり、緩やかに上昇する

中本パックスの株価は現在、出来高が一番多い価格帯にあり、買い時と言えます。

業績も安定しており成長性もあるため、余程のマイナス要素がない限り暴落はないでしょう。