スポンサーリンク

【割安成長株おすすめ】ワンウォーターマリン(ONEW)

こんにちは、におくためお崇拝者の義光です。

今回は「ワンウォーターマリン」という会社を分析して、強みと弱みについて解説していきたいと思います。

🔳ワンウォーターマリンの企業分析

✅事業内容

✅業績

🔳ワンウォーターマリンの強みと弱み

✅アメリカの西海岸に進出の余地がある

✅M&Aに積極的

✅多くの販売網

✅米国経済のリセッション入り(弱み)

ワンウォーターマリンってどんな会社かな・・・

今回は、そんな疑問にお答えしていきます。

【要約】

ワンウォーターマリンはレジャー用ボートの小売販売会社

売上は2ケタ成長、PERは4.5倍と割安成長株の条件に入ります。

今後、西海岸に進出していけば、大きく成長するイメージができます。

ワンウォーターマリンを企業分析

それでは、それではワンウォーターマリンを企業分析していきましょう。

まずはワンウォーターマリンの事業内容と業績について、簡単に整理しておきましょう。

事業内容

レジャー用ボートの小売販売

新品及び中古のボート、修理、メンテナンス、部品、アクセなど幅広く対応

ボート関連のファイナンス、保険商品も取り扱う。

業績

売上 12億ドル 前年対比20%増 

営業利益率12% PER(実績)4.5倍

ワンウォーターマリンの強みと弱み

ここまで、ワンウォーターマリンの概略について解説してきました。

以下に、ワンウォーターマリンの強みと弱みについて解説していきます。

アメリカの西海岸に進出の余地がある

ワンウォーターマリンの店舗は東海岸に多くあり、西海岸にはほとんどありません。

今後、ワンウォーターマリンは西海岸に進出する予定です。

西海岸に東海岸と同等の店舗が増えれば、単純計算で売上が2倍増える見込みがあります。

M&Aに積極的

2022年10月にテイラーマリンセンターズという会社を買収しました。

他にも多くの会社を買収しており、企業規模を拡大しています。

多くの販売網

98の小売店

12の配送センター

20のオンラインマーケット

ワンウォーターマリンはこのように多くの販売網があります。

結果、3年連続でスーパーヨットの販売1位を獲得しています。

米国経済のリセッション入り(弱み)

アメリカの金利が急上昇しており、米国経済はリセッション入りすると言われています。

現在の状況で米国株を買うのは危険かもしれません。

逆に半年待って、株価が下がりきった時に買えば大きなリターンを得るかもしれません。

まとめ

以上により、今回は「ワンウォーターマリン」を企業分析して、強みと弱みについて解説させて頂きました。

ここまで解説してきた項目について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。

🔳ワンウォーターマリンの企業分析

✅事業内容

✅業績

🔳ワンウォーターマリンの強みと弱み

✅アメリカの西海岸に進出の余地がある

✅M&Aに積極的

✅多くの販売網

✅米国経済のリセッション入り(弱み)

【要約】

ワンウォーターマリンはレジャー用ボートの小売販売会社

売上は2ケタ成長、PERは4.5倍と割安成長株の条件に入ります。

今後、西海岸に進出していけば、大きく成長するイメージができます。

また気になる銘柄を見つけたらブログに書きますね。