スポンサーリンク

【割安成長株おすすめ】リカバリーインターナショナルの株価はどうなる?

こんにちは、におくためお崇拝者の義光です。

今回は「リカバリーインターナショナルの株価」を分析して、強みと弱みにについて解説していきたいと思います。

🔳リカバリーインターナショナルの株価

✅事業内容

✅業績

✅株価

🔳リカバリーインターナショナルの強みと弱み

✅訪問看護利用率右肩上がり

✅人材力

✅ドミナント展開収益化

✅人材不足(弱み)

リカバリーインターナショナルの株価は、今後どうなるかな・・・

今回は、そんな疑問にお答えしていきます。

【結論】リカバリーインターナショナルの株価は、人材が増えれば上がる

リカバリーインターナショナルの事業は訪問看護です。

高齢化社会が進んでいく中で、必要不可欠な事業なので、人材力が重要になっていきます。

今回は「リカバリーインターナショナルの株価」を分析して、強みと弱みについて解説していきたいと思います。

リカバリーインターナショナルの株価

それでは、リカバリーインターナショナルの株価を分析していきましょう。

リカバリーインターナショナルは上場したばかりで、株価は安定していません。

まずはリカバリーインターナショナルの現状について、簡単に整理しておきましょう。

事業内容

訪問看護サービスが事業内容です。

訪問介護とは違います。

訪問看護とは病気や障害を持った人が、住み慣れた地域でその人らしく療養生活を送れるように

看護師等が医師の指示の元、生活の場へ訪問し支援するサービス

業績

売上11億 前年同期比+46%

売上は4年で2倍に成長

営業利益 1.5億円 

営業利益率13%

2022年は15億円を予測

株価

1500円程

上場来高値2300円 上場来安値1400円

PER16.4倍

リカバリーインターナショナルの強みと弱み

リカバリーインターナショナルの業績は、売上が4年で2倍に増えるなど急成長を遂げています。

果たしてここから、株価は上昇していくのでしょうか?

以下に、強みと弱みについて解説していきます。

訪問看護利用率右肩上がり

訪問介護市場5824億円と言われており、2040年には75歳以上の後期高齢者が人口の2割に達すると言われています。

また、自宅で死ぬことを望む人が増えており、日本14%、オランダ31%、フランス24%の人が自宅で亡くなっています。

その他、医療保険と介護保険は増加傾向であり、全国の訪問看護利用数は右肩上がりです。

人材力

従業員は約160名で9割以上は医療従事者です。

さらに社長が元看護士という経歴の持ち主です。

リカバリーインターナショナルは11人(看護師6名、リハビリ職5名)体制で業務を行っています。

訪問看護の事業所人数は5人未満の事業所が66%です。

ドミナント展開

東京、千葉、埼玉、神奈川を中心に15店舗展開しています。

さらに、2023年12月までに新拠点7つを計画しています。

地域連携機関とコミュニケーションをとり、訪問エリアを決めているため、新規利用者獲得のための営業員はいません。

人材不足(弱み)

リカバリーインターナショナルに限ったことではありませんが、業界全体が人材不足の状況です。

事業展開をしていくには、従業員を増やしていかなければなりません。

業務のDX化や人材教育、広報にも力を入れていく必要があります。

まとめ

以上により、今回は「リカバリーインターナショナルの株価」を分析して、強みと弱みについて解説させて頂きました。

ここまで解説してきた項目について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。

🔳リカバリーインターナショナルの株価

✅事業内容

✅業績

✅株価

🔳リカバリーインターナショナルの強みと弱み

✅訪問看護利用率右肩上がり

✅人材力

✅ドミナント展開収益化

✅人材不足(弱み)

【結論】リカバリーインターナショナルの株価は、人材が増えれば上がる

リカバリーインターナショナルの事業は、これからの高齢化社会になくてはならないものです。

看護師の人数が増えていけば、自ずと業績も伸びるでしょう。