スポンサーリンク

【割安成長株おすすめ】ユミルリンクの株価はどうなる?

こんにちは、サラリーマン兼株式投資家の義光です。

今回は「ユミルリンクの株価」を分析して、強みと弱みについて解説していきたいと思います。

🔳ユミルリンクの株価

✅事業内容

✅業績

✅株価

🔳ユミルリンクの強みと弱み

✅ストック型ビジネス

✅優良な顧客

✅生活コミニケーションの手段

✅従業員が少ない(弱み)

ユミルリンクの株価は、今後どうなるかな・・・

今回は、そんな疑問にお答えしていきます。

【結論】ユミルリンクの株価は、緩やかではあるが安定して上昇する

ユミルリンクの株価は、上場してから株価が下がっており、割安価格になっています。

しかし業績は緩やかではありますが、確実に増加しており、株価は上昇していく見込みがあります。

今回は「ユミルリンクの株価」を分析して、強みと弱みについて解説していきたいと思います。

ユミルリンクの株価

それでは、ユミルリンクの株価を分析していきましょう。

ユミルリンクは2021年9月に上場したばかりで、公募価格より大きく株価が下がっています。

まずはユミルリンクの株価について、簡単に整理しておきましょう。

事業内容

WEB、メール、アプリを活用して、情報の発信、収集、分析など、

マーケティング、コミュニケーション活動を支援するクラウドサービスを提供

業績

前期業績 売上 1629百万円 営業利益 322百万円

売上は4年で40%増加しています。

今期業績予想は1750百万円売上

業績予想の進捗度は第3Q時点で80%となっております。

株価

ユミルリンクは2021年9月に上場したばかりです。

現在の株価は1000円前後をウロウロしています。

PERは19倍。

業績は安定して増加しているものの、株価は下落トレンドです。

業績予想の進捗度は順調であり、この後の株価に期待が持てます。

ユミルリンクの強みと弱み

ユミルリンクの業績は安定しており、株価上昇の兆しが見えます。

果たしてユミルリンクの強みはどんなところにあるのでしょうか?

以下に、詳しく解説していきましょう。

ストック型ビジネス

SaaSのサービス利用売上やソフトウェアの保守売上は、継続的に収益が見込める事業です。

SaaSとはクラウドサーバーにあるソフトウェアを、インターネット経由してユーザーが利用できるサービスです。

解約率は1%以下なので、売上がどんどん積みあがっている状況です。

優良な顧客

ユミルリンクのサービスは、すでに多くの大手企業に利用されています。

特に、官公庁に納入している点に注目して下さい。

評判が良ければ、導入する官公庁が次々に増えるかもしれません。

  • キャノン
  • リクシル
  • アイオーデータ
  • 東急ハンズ
  • 紀伊国屋書店
  • 文部科学省
  • 岩手県警察

生活コミニケーションの手段

消費者の生活様式やITによるコミュニケーション手段が多様化しています。

具体的に言うと

  • 利用者に通知、認証
  • アンケート
  • 安否確認サービス
  • 搭乗案内
  • 料金通知(電力会社など)

ユミルリンクはこのような情報をメールで発信するというビジネスモデルです。

アイちゃん
アイちゃん

とくに安否確認は、現代に必要なコンテンツですよね。

従業員が少ない(弱み)

従業員は110人で、前期末より5名増えただけです

少子高齢化にともなう労働人口の減少により、専門技術に精通した人材の確保が難しい状況が続いています。

さらに採用費や人件費が高騰しており、利益圧迫の要因となっています。

まとめ

以上により、今回は「ユミルリンクの株価」を分析して、強みと弱みについて解説させて頂きました。

ここまで解説してきた項目について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。

🔳ユミルリンクの株価

✅事業内容

✅業績

✅株価

🔳ユミルリンクの強みと弱み

✅ストック型ビジネス

✅優良な顧客

✅生活コミニケーションの手段

✅従業員が少ない(弱み)

【結論】ユミルリンクの株価は、緩やかではあるが安定して上昇する

ユミルリンクはストックビジネスの典型的な例です。

すでに多くの企業がユミルリンクのサービスを利用し続けています。

売上増加率は低いですが、着実に成長しづづけています。