スポンサーリンク

【割安成長株おすすめ】マツオカコーポレーション

こんにちは、におくためお崇拝者の義光です。

今回は「マツオカコーポレーション」という会社を分析して、強みと弱みについて解説していきたいと思います。

🔳マツオカコーポレーションを分析

✅事業内容

✅業績

🔳マツオカコーポレーションの強みと弱み

✅ASEAN諸国への売上が増加

✅新工場建設計画

✅新素材開発

✅売上減少(弱み)

マツオカコーポレーションってどんな会社かな・・・

今回は、そんな疑問にお答えしていきます。

【結論】マツオカコーポレーションは海外に生産拠点を置くアパレルメーカー

コロナ禍で売上が苦戦して減少していますが、積極的に設備投資をして規模の拡大を続けています。

マツオカコーポレーションを分析

それでは、マツオカコーポレーションを企業分析していきましょう。

特色としては、海外(バングラディッシュとベトナム)に衣料品の生産工場があります。

ユニクロが世界の衣料メーカーになりましたが、

マツオカコーポレーションも第二のユニクロになるのではと期待しています。

事業内容

他社ブランド衣料品の縫製加工を行うアパレルOEMメーカー

業績

21年3月期 売上539億円 販売数量50百万枚

22年3月期 売上510億円 販売数量54百万枚

売上減少も販売数量は増加

マツオカコーポレーションの強みと弱み

ここまで、マツオカコーポレーションの企業分析について解説してきました。

以下に、マツオカコーポレーションの強みと弱みについて解説していきます。

ASEAN諸国への売上が増加

バングラディッシュとベトナムでの生産を強化

2021年3月期はASEAN諸国への売上比率が43%だったのに対し、

2022年3月期は50%へ増加しました

特にバングラディッシュへの売上は30億円程増えています

新工場建設計画

ベトナム 2工場 2022年9月完成予定

バングラディッシュ 1工場 2022年11月完成予定

ベトナムの魅力

納期、品質のバランスがとれた中国からの生産移管の担い手

バングラディッシュの魅力

豊富な労働力とコスト競争力

新素材開発

子会社JDTが得意とする、透湿・防水・撥水加工技術を生かした機能性素材

アウトドア素材、衣料品向け、自動車関連素材等、新たな領域を含めた開発を進める

売上減少(弱み)

コロナ禍により需要低迷

生産面においても、ベトナム主力工場の操業制限により売上減少

コンテナ不足による国際物流の停滞している案件もある

まとめ

以上により、今回はマツオカコーポレーションを企業分析して、強みと弱みについて解説させて頂きました。

ここまで解説してきた項目について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。

🔳マツオカコーポレーションを分析

✅事業内容

✅業績

🔳マツオカコーポレーションの強みと弱み

✅ASEAN諸国への売上が増加

✅新工場建設計画

✅新素材開発

✅売上減少(弱み)

【結論】マツオカコーポレーションは海外に生産拠点を置くアパレルメーカー

コロナ禍で売上が苦戦して減少していますが、積極的に設備投資をして規模の拡大を続けています。

ユニクロのヒートテックのような世界的ヒット商品を開発できれば、第2のユニクロも夢ではないかもしれません。