スポンサーリンク

【割安成長株おすすめ】ベースフーズ

こんにちは、におくためお崇拝者の義光です。

今回は「ベースフーズ」を企業分析して、強みと弱みについて解説していきたいと思います。

🔳ベースフーズを企業分析

✅事業内容

✅業績

🔳ベースフーズの強みと弱み

✅健康をコンセプト

✅サブスクリプション

✅5000万販売達成

✅拡散する販路

✅赤字(弱み)

ベースフーズってどんな会社かな・・・

今回は、そんな疑問にお答えしていきます。

【要約】ベースフーズは、1食で必要な栄養素をバランスよくとれる食品の開発・販売を事業としています。

主な売上はサブスクリプションによる定期購入で、売上が安定的に上昇しています。

しかし、広告宣伝費へ多額の投資をしているので、毎年赤字です。

ベースフーズを企業分析

それでは、ベースフーズを企業分析していきましょう。

まずはベースフーズの事業内容と業績について、簡単に整理しておきましょう。

事業内容

完全栄養の主食を中心としたパスタ、パン、クッキーを開発・販売

業績

売上55億円 前年対比3.6倍

営業利益△3億円

ベースフーズの強みと弱み

ここまで、ベースフーズの事業内容と業績について解説してきました。

以下に、ベースフーズの強みと弱みについて解説していきます。

健康をコンセプト

ベースフーズが提供している商品は、1食で1日で必要な栄養素の1/3をバランスよくとれることができます。

新型コロナの影響で、健康を意識した商品が注目を浴びています。

また、共働きが当たり前になった現在、調理に手間をかけない食品の需要が高まっています。

サブスクリプション

ベースフーズの主な売上は、サブスクリプションによる定期購入です。

会員数13万人にのぼり、顧客継続率90%以上と安定的な売上が見込めます。

5000万販売達成

ベースフーズシリーズは2017年2月から販売し、2022年6月で5000万販売しました。

また、原材料として、小麦のふすまや米ぬかなど、本来廃棄されるものを使っており、

フードロスの削減に大きく貢献しています。

拡散する販路

自社ECサイトはもちろん、アマゾンや楽天からでも購入できます。

また、コンビニ、ドラッグストア、スポーツジムでも販売しています。

赤字(弱み)

広告宣伝費に多く投資をしているため、毎年赤字となっています。

赤字の場合PERが算出できないので、割安感が判断できません。

公募価格を割れるようであれば、買いかもしれません。

まとめ

以上により、今回は「ベースフーズ」を企業分析して、強みと弱みについて解説させて頂きました。

ここまで解説してきた項目について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。

🔳ベースフーズを企業分析

✅事業内容

✅業績

🔳ベースフーズの強みと弱み

✅健康をコンセプト

✅サブスクリプション

✅5000万販売達成

✅拡散する販路

✅赤字(弱み)

【要約】ベースフーズは、1食で必要な栄養素をバランスよくとれる食品の開発・販売を事業としています。

主な売上はサブスクリプションによる定期購入で、売上が安定的に上昇しています。

しかし、広告宣伝費へ多額の投資をしているので、毎年赤字です。

また気になる会社があったらブログで書きますね。