スポンサーリンク

【割安成長株おすすめ】プロレドパートナーズ

こんにちは、におくためお崇拝者の義光です。

今回は「プロレドパートナーズの株価」を分析して、強みと弱みについて解説していきたいと思います。

🔳プロレドパートナーズの株価

✅事業内容

✅業績

✅株価

🔳プロレドパートナーズの強みと弱み

✅コンサル業界が活況

✅顧客企業数は増加

✅コロナで業績に打撃(弱み)

プロレドパートナーズの株価は、今後どうなるかな・・・

今回は、そんな疑問にお答えしていきます。

【結論】プロレドパートナーズの株価は、コロナの影響が続く限り停滞する

プロレドパートナーズの株価は現在、下落トレンドにあり、なかなか上昇していきません。

新型コロナの影響で、業績の見通しが立たないことが悪材料になっていると考えます。

今回は「プロレドパートナーズの株価」を分析して、強みと弱みについて解説していきたいと思います。

プロレドパートナーズの株価

それでは、プロレドパートナーズの株価を分析していきましょう。

プロレドパートナーズの株価は、新型コロナの影響で下落トレンドの状態です。

まずはプロレドパートナーズの現状について、簡単に整理しておきましょう。

事業内容

プロレドパートナーズは経営コンサルティングを事業としています。

特徴としては、成果確定まで報酬は発生しないということです。

成果報酬型のコンサルは競合他社にはない特徴です。

業績

前期売上36億円、営業利益7.2億円。

営業利益率は20%あります。

今期予測売上は40億円です。

第2四半期までは計画通りに進歩していますが、第3四半期で下振れしています。

株価

現在は下落トレンドにあり、850円程で推移しています。

2018年12月に上場して以来、最高値で6280円、最安値は748円です。

PERは約17倍。

プロレドパートナーズの業績は安定していますが、株価は少し割高です。

果たしてここから、プロレドパートナーズは株価を上げることができるのでしょうか?

以下に、強みと弱みについて解説していきましょう。

プロレドパートナーズの強みと弱み

ここまで、プロレドパートナーズの厳しい現状について解説してきました。

しかし株価は、6000円以上まで値上がりしたことがあり、株価が戻れば9倍になります。

以下に、プロレドパートナーズについて解説していきます。

コンサル業界が活況

人件費の高騰や先行き不透明な経済情勢の中、自治体向け環境関連コンサルが伸びています。

また近年、企業の間でDX化が進んでおり、コンサル業界が活況です。

顧客企業数は増加

3Qの時点で858社の顧客企業があり、4年で2倍に増えています。

ターゲット顧客企業は1万4千社に上ります。

コスト削減コンサル国内市場は8倍程度まで成長するポテンシャルがあると考えています。

コロナで業績に打撃(弱み)

コロナの影響を受ける業種の顧客が苦戦しており、売上が減少しています。

飲食店やサービス業は、今後も厳しい状況が続くと考えられます。

まとめ

以上により、今回は「プロレドパートナーズの株価」を分析して、強みと弱みについて解説させて頂きました。

ここまで解説してきた項目について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。

🔳プロレドパートナーズの株価

✅事業内容

✅業績

✅株価

🔳プロレドパートナーズの強みと弱み

✅コンサル業界が活況

✅顧客企業数は増加

✅コロナで業績に打撃(弱み)

【結論】プロレドパートナーズの株価は、コロナの影響が続く限り停滞する

プロレドパートナーズの株価は、下落トレンドが続いています。

コロナウィルスの影響で業績が今一つ伸びないのが原因です。

コロナが終わるまで、投資は様子見する方が良さそうです。