スポンサーリンク

【割安成長株おすすめ】ブリッジインターナショナルの株価はどうなる?

こんにちは、におくためお崇拝者の義光です。

今回は「ブリッジインターナショナルの株価」を分析して、強みと弱みについて解説していきたいと思います。

🔳ブリッジインターナショナルの株価

✅事業内容

✅業績

✅株価

🔳ブリッジインターナショナルの強みと弱み

✅ストックビジネス

✅コロナによりインサイドセールスが需要増

✅アイラーニング社を子会社化

✅他業種サービス提供

✅社長の経歴が凄い

ブリッジインターナショナルの株価は、今後どうなるかな・・・

今回は、そんな疑問にお答えしていきます。

【結論】ブリッジインターナショナルの株価は、長い年月をかけて上昇する

ブリッジインターナショナルの事業は、営業活動のアウトソーシングです。

日本ではまだ馴染みがありませんが、アメリカではどんどんアウトソーシング化しています。

今回は「ブリッジインターナショナルの株価」を分析して、強みと弱みについて解説していきたいと思います。

ブリッジインターナショナルの株価

それでは、ブリッジインターナショナルの株価を分析していきましょう。

2018年に上場して以来、株価は徐々に上昇しています。

まずはブリッジインターナショナルの現状について、簡単に整理しておきましょう。

事業内容

法人営業のアウトソーシングを担う会社

インサイドセールス事業と研修事業の2本柱

・インサイドセールス事業 法人営業のインサイドセールス活動のアウトソーシング

・研修事業 企業向け研修サービス(新入社員研修など)

業績

2021第3Qの時点で、インサイドセールス事業の売上が前年同期比で56%増

計画進捗率は75% 売上は4年で約2倍

株価

現在は2300円辺りをウロウロしています

PERは22倍と若干割高です

2018年に上場したばかりで最安値が約1100円、最高値は約4000円です

ブリッジインターナショナルの業績は右肩上がりであり、売上は4年で約2倍に増えています。

果たしてここから、ブリッジインターナショナルの株価は上昇するのでしょうか?

以下に、詳しく解説していきましょう。

ブリッジインターナショナルの強みと弱み

ここまで、ブリッジインターナショナルの現状について解説してきました。

上場して以来、株価は順調に伸びています。

以下に、ブリッジインターナショナルの強みと弱みについて解説していきます。

ストックビジネス

インサイドセールス事業のアウトソーシングサービスは、安定的なストックビジネスとなっています。

顧客対象は大手企業で継続顧客は9割となっています。

平均月額費用は多い会社で1,400万円/月です。

コロナによりインサイドセールスが需要増

インサイドセールスのキーワード検索数が20,000件(7年間で85倍)

取引社数が前年に比べ20%増

インサイドセールスとは、従来の訪問営業を非対面の営業活動と分業化させることで、営業の効率化を図るセールス手法です

アイラーニング社を子会社化

2021年3月にアイラーニング社を子会社化し、企業向け研修サービスを提供開始

2021第3Qの時点で11億円の売上を計上しています。

子会社化により、通期予測は53%増収を見込んでいます。

このようにM&Aにも力を入れています。

他業種サービス提供

インサイドセールスの認知度向上のため、顧客ポートフォリオの拡大を図っています。

特に金融とメーカーは収益余地の大きい顧客です。

金融

生命保険会社

リース会社

メーカー

貨幣処理メーカー

機械器具製造メーカー

社長の経歴が凄い

日本IBMの副社長補佐を経験していて、本を2冊書いています

まとめ

以上により、今回は「ブリッジインターナショナルの株価」を分析して、強みと弱みについて解説させて頂きました。

ここまで解説してきた項目について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。

🔳ブリッジインターナショナルの株価

✅事業内容

✅業績

✅株価

🔳ブリッジインターナショナルの強みと弱み

✅ストックビジネス

✅コロナによりインサイドセールスが需要増

✅アイラーニング社を子会社化

✅他業種サービス提供

✅社長の経歴が凄い

【結論】ブリッジインターナショナルの株価は、長い年月をかけて上昇する

ブリッジインターナショナルの業績は、安定して増加しています。

株価はすぐには上がることはありませんが、営業のアウトソーシング化が普及していけば、徐々に上昇していくでしょう。