スポンサーリンク

【割安成長株おすすめ】ファインズ

こんにちは、におくためお崇拝者の義光です。

今回は「ファインズ」という会社を企業分析して、強みと弱みについて解説していきたいと思います。

🔳ファインズを企業分析

✅事業内容

✅業績

🔳ファインズの強みと弱み

✅BtoB向け動画制作サービス

✅インタラクティブ動画

✅コンサルティング

✅予約管理システム

✅スポット売上がほとんど(弱み)

「ファインズってどんな会社かな・・・」

今回は、そんな疑問にお答えしていきます。

【要約】ファインズは、企業向けに動画を制作するサービスを提供しています。

動画からマーケティングデータ等を取得することができ、

それを展開してDXコンサルティングも提供しています。

ファインズを企業分析

それでは、ファインスを企業分析していきましょう。

まずはファインズの事業内容と業績について、簡単に整理しておきましょう。

事業内容

ビデオクラウド事業 構成比90%

・動画制作サービス スポット 売上比率78%

・動画配信プラットフォームサービス サブスク 売上比率1%

・DXコンサルティング 売上比率11%

店舗クラウド事業 構成比10%

業績

売上26億円 前年対比18増

営業利益率 22%

EPS100円

ファインズの強みと弱み

ここまで、ファインズの事業内容と業績について解説してきました。

以下に、ファインズの強みと弱みについて解説していきます。

BtoB向け動画制作サービス

累計取引者数は7735社であり、主に中小企業を中心としています。

BtoB向けの動画制作サービスは、ライバルは少なくブルーオーシャンの事業です。

インタラクティブ動画

インタラクティブ動画とは、動画の中でコミュニケーションを取ることが可能な動画のことです。

これにより、動画内でアンケートの改修や問い合わせ、商品の購入が可能になります。

またマーケティングのデータを蓄積することができます。

ファインズはこのインタラクティブ動画に力を入れています。

コンサルティング

動画制作サービスを起点として、DXコンサルティングを行っています。

インタラクティブ動画で取得したマーケティングデータを利用して、

サイト制作、デジタルマーケティング、採用支援のためのコンサルサービスを展開しています。

予約管理システム

ユーザーが会員登録をしなくても、24時間予約可能なシステム

「TSUNAGU」と「いつあき」というシステムを提供しています。

また、EPARKが運営するリラクゼーション・エステ・整体院に特化した予約管理システムの

販売代理業も行っています。

スポット売上がほとんど(弱み)

サブスクリプション型のサービスが増えている中、ファインズの売上はほとんどがスポットです。

他社が参入してきたり、動画サービスの需要が減ってしまうと、一気に売上が落ちる可能性もあります。

まとめ

以上により、今回は「ファインズ」を企業分析して、強みと弱みについて解説させて頂きました。

ここまで解説してきた項目について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。

🔳ファインズを企業分析

✅事業内容

✅業績

🔳ファインズの強みと弱み

✅BtoB向け動画制作サービス

✅インタラクティブ動画

✅コンサルティング

✅予約管理システム

✅スポット売上がほとんど(弱み)

【要約】ファインズは、企業向けに動画を制作するサービスを提供しています。

動画からマーケティングデータ等を取得することができ、

それを展開してDXコンサルティングも提供しています。

また気になる銘柄がありましたら、ブログで書きますね。