スポンサーリンク

【割安成長株おすすめ】パブマティック(PUBM)

こんにちは、におくためお崇拝者の義光です。

今回は日本ではなく米国の割安成長株について書きます。

におくためおさんの手法が米国株でも通用するのか、身をもって検証してみたいと思います。

米国の割安成長株を探した結果、パブマティックという会社が該当している気がしました。

今回はパブマティックという会社を企業分析して、強みと弱みについて解説したいと思います。

🔳パブマティックを企業分析

✅事業内容

✅業績

🔳パブマティックの強みと弱み

✅日本の導入事例が数多くある

✅世界各地に拠点

✅ホームページが日本語対応

✅チャートが悪い(弱み)

パブマティックってどんな会社かな・・・

今回は、そんな疑問にお答えしていきます。

【要約】

パブマティックはデジタル広告において、広告主とアプリ開発者の両方にサービスを提供する会社

世界各地に拠点があり、日本にも事業所があります。

業績は3期連続で増収増益。PER15倍以下の割安成長株になります。

パブマティックを企業分析

それでは、パブマティックを企業分析していきましょう。

まずはパブマティックの現状について、簡単に整理しておきましょう。

事業内容

パブマティックは米国のデジタル広告をソリューションする会社

同社提供のプラットフォームはさまざまな広告フォーマットに対応し、

広告主とアプリ開発者両方サポートします。

業績

売上 2.2億円 前年対比52%増 3期連続増収増益

営業利益 58百万円 営業利益率 25%

パブマティックの強みと弱み

ここまで、パブマティックの事業内容と業績について解説してきました。

以下に、パブマティックの強みと弱みについて解説していきます。

パブマティックの強みと弱み

日本の導入事例が数多くある

パブマティックはアメリカの会社ですが、世界各国の企業と取引をしています。

日本も例外ではありません。

ライブチケット販売で有名なチケットぴあは、パブマティックの商品を利用してPIADMPをリリースしました。

その他にも神戸新聞や朝日新聞にも利用されています。

世界各地に拠点

ニューヨーク

ロサンゼルス

ロンドン

ミラノ

東京

シンガポール

ニューデリー

ホームページが日本語対応

日本の拠点があるので、ホームページが日本語対応になっています。

事業内容や導入事例が読めますので、会社の成長イメージがしやすいと思います。

チャートが悪い(弱み)

パブマティックは上場して2年も経っていませんが、

チャートが下落し続けており、割安な株価になっています。

増収増益は続けてるものの、投資家達の人気はないようです。

しかし、そこに株価上昇のチャンスがあるかもしれません。

まとめ

以上により、今回は「パブマティック」を企業分析して、強みと弱みについて解説させて頂きました。

ここまで解説してきた項目について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。

🔳パブマティックを企業分析

✅事業内容

✅業績

🔳パブマティックの強みと弱み

✅日本の導入事例が数多くある

✅世界各地に拠点

✅ホームページが日本語対応

✅チャートが悪い(弱み)

【要約】

パブマティックはデジタル広告において、広告主とアプリ開発者の両方にサービスを提供する会社

世界各地に拠点があり、日本にも事業所があります。

業績は3期連続で増収増益。PER15倍以下の割安成長株になります。

また気になる会社があったらブログに書きますね。