スポンサーリンク

【割安成長株おすすめ】チャームケアコーポレーション

こんにちは、におくためお崇拝者の義光です。

今回は「チャームケアコーポレーション」という企業を分析して、強みと弱みについて解説していきたいと思います。

🔳チャームケアコーポレーションを企業分析

✅事業内容

✅業績

🔳チャームケアコーポレーションの強みと弱み

✅首都圏・近畿圏を中心にホームを拡大

✅価格帯を分ける

✅不動産事業も手掛ける

2024年6月期売上目標500億円

チャームケアコーポレーションってどんな会社かな・・・

今回は、そんな疑問にお答えしていきます。

【要約】

チャームケアコーポレーションは老人ホーム運営と、そのホームの販売の2本柱で運営しています。

首都圏、近畿圏を中心にホームを拡大しており、業績は右肩上がりです。

におくためおさんが保有していた株でもあり、上がりきった感はありますが、ある程度のリターンは期待できます。

チャームケアコーポレーションの強みと弱み

それでは、チャームケアコーポレーションを分析していきましょう。

まずはチャームケアコーポレーションの事業内容と業績について、簡単に整理しておきましょう。

チャームケアコーポレーションを企業分析

事業内容

有料老人ホーム及びサービス付き高齢者向け住宅の運営

業績

売上 290億円 前年同期比26%増

営業利益率5%

PER10%前後(業界としては平均並み)

チャームケアコーポレーションの強みと弱み

ここまで、チャームケアコーポレーションの事業内容と業績について解説してきました。

以下に、チャームケアコーポレーションの強みと弱みについて解説していきます。

首都圏・近畿圏を中心にホームを拡大

最寄駅から徒歩15分以内の場所にホームを建設

2023年6月期新設ホームは8ホーム

2024年6月期新設ホームは4ホーム(増える可能性あり)

価格帯を分ける

チャームプレミアやチャームプレミアグランなどのように

ホームのランク付けをして、価格帯を分けています。

高価格帯・高級ホームの開設により付加価値を高めています。

平均入居率は90%以上。

不動産事業も手掛ける

建築物件を施工後に、事業会社や不動産投資信託(REIT)等へ売却しています。

仮に老人ホームサービスの売上が減少したとしても、不動産事業でカバーすることができるかもしれません。

リスクヘッジとして、複数事業を経営している銘柄は魅力的です。

2024年6月期売上目標500億円

現在の業績推移からすると、売上500億円も夢ではありません。

チャームケアは、におくためおさんが10倍株を達成した株であり、

すでに株価は上がりきっている状態です。

しかし、今の株価の倍くらいにはなりそうと予想しています。

まとめ

以上により、今回は「チャームケアコーポレーション」を企業分析して、強みと弱みについて解説させて頂きました。

ここまで解説してきた項目について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。

🔳チャームケアコーポレーションを企業分析

✅事業内容

✅業績

🔳チャームケアコーポレーションの強みと弱み

✅首都圏・近畿圏を中心にホームを拡大

✅価格帯を分ける

✅不動産事業も手掛ける

【要約】

チャームケアコーポレーションは老人ホーム運営と、そのホームの販売の2本柱で運営しています。

首都圏、近畿圏を中心にホームを拡大しており、業績は右肩上がりです。

におくためおさんが保有していた株でもあり、上がりきった感はありますが、ある程度のリターンは期待できます。

また気になる企業がありましたら、ブログで書きますね。

未分類
スポンサーリンク
シェアする
yoshimitsublog