スポンサーリンク

【割安成長株おすすめ】シェアリングイノベーションの株価はどうなる?

こんにちは、におくためお崇拝者の義光です。

今回は「シェアリングイノベーションの株価」を分析して、強みと弱みについて解説していきたいと思います。

🔳シェアリングイノベーションの株価

✅事業内容

✅業績

✅株価

🔳シェアリングイノベーションの強みと弱み

✅セールスフォースを提供

✅IT人材を教育

✅西日本エリアの事業が拡大

✅PERが高い(弱み)

シェアリングイノベーションの株価は、今後どうなるかな・・・

今回は、そんな疑問にお答えしていきます。

【結論】シェアリングイノベーションの株価は、セールスフォースの普及に比例して上がる

シェアリングイノベーションの事業は、セールスフォースのシステムを中心としたDX事業です

セールスフォースはマイクロソフトやオラクルと並ぶ、今話題のシステム会社です

今回は「シェアリングイノベーションの株価」を分析して、強みと弱みについて解説していきたいと思います。

シェアリングイノベーションの株価

それでは、シェアリングイノベーションの株価を分析していきましょう。

株価は20214月に上場したばかりで、値下がり続けています。

まずはシェアリングイノベーションの現状について、簡単に整理しておきましょう。

事業内容

DX事業とPF事業の二本柱

DX事業はクラウドインテグレーションとシステムソリューションの2部門

PF事業はスマホ占いサービスのウラーラが好調

近年、クラウドインテグレーションの売上が増加しています。

業績

第3Q時点で、前年同期比売上20%増 営業利益60%増

売上進捗率75%です

過去の業績を見ると、売上は4年で7倍近く増えています

株価

2021年4月に上場したばかりで、株価はジリジリ下がり、現在は2200円程

12月に1930円の最安値がつきました

PER30倍と若干高め

シェアリングイノベーションの売上は4年で7倍近くに増えるという急成長を見せています。

果たしてここから、シェアリングイノベーションの株価はどうなるのでしょうか?

以下に、強みと弱みを解説していきましょう。

シェアリングイノベーションの強みと弱み

セールスフォースを提供

セールスフォースとは、顧客管理システムを開発したアメリカの会社で

マイクロソフトやオラクルと肩を並べます

Sイノベーションは顧客にセールスフォースを組み込んだサービスを提供しています。

セールスフォースの成長率は30%とも言われ、今注目のシステムです

IT人材を教育

現在の日本は労働者不足が懸念されています。

特にIT人材は2030年に80万人不足になると言われています。

Sイノベーションの従業員は

エンジニア85%

男女比 6:4

平均年齢 31歳

で構成されており、将来のITエンジニアの教育と育成に力を入れています。

西日本エリアの事業が拡大

決算説明資料によると、西日本エリアの受注金額が前年対比で4倍近くあります。

去年の7月に福岡に拠点を新設

そして京都の会社をM&A

今後の業績が期待できます

PERが高い(弱み)

現在のPERが30倍と少し割高です

割安基準は15倍と言われているため、決算内容によっては大きく値下がりする可能性もあります。

まとめ

以上により、今回は「シェアリングイノベーションの株価」を分析して、強みと弱みについて解説させて頂きました。

ここまで解説してきた項目について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。

🔳シェアリングイノベーションの株価

✅事業内容

✅業績

✅株価

🔳シェアリングイノベーションの強みと弱み

✅セールスフォースを提供

✅IT人材を教育

✅西日本エリアの事業が拡大

✅PERが高い(弱み)

【結論】シェアリングイノベーションの株価は、セールスフォースの普及に比例して上がる

シェアリングイノベーションの株価は、PERが30倍と割高ですが、それを上回る売上が期待できます。

セールスフォースが日本で定着すれば、シェアリングイノベーションは市場の第一線で活躍できるはずです。