スポンサーリンク

【ドラクエ12】ドラクエがFFに歩み寄った瞬間

5月27日に35周年を迎えたドラゴンクエストのオンライン特番がありました。

そこで発表されたのが、シリーズ最新作となる「ドラゴンクエスト12」の発売決定。

今回は、この発表を受けて私が感じたことを書きます。

ドラクエがFFに歩み寄った瞬間

ちょっと大げさですが、私はそう感じました。

というのもドラクエ生みの親である堀井さんが発言した内容にあります。

・今回はダークな雰囲気になっている

・大人向けのドラゴンクエスト

・コマンドバトルを一新

・世界同時発売

今までかたくなに”型”を崩さなかったドラクエが、シリーズ12作目にして”変化”をすることになります。

私はその変化にもう一つの看板タイトル「ファイナルファンタジー」を感じました。

FFはシリーズ毎にスタイルを変化し、雰囲気はダークで、世界中でヒットしています。

義光
義光

今回のドラクエ12と共通していますよね。

おそらくですが、コマンドバトルはアクション性を取り入れたものになると思います。

対応ハードはPSになるのでは

私が常々思っているのは、誰でも楽しめるソフトがあるのはニンテンドースイッチ、コアなゲーマー向けソフトがあるのはPSだということです。

ドラクエ12の対応ハードについては発表されていませんが、上記の内容からして、PSになるのではないかと予想しています。

絶賛されるか批判されるか

FFの最新作である15は批判を受けることになりましたが、ドラクエ11は可もなく不可もなく、多くの人に受け入れられました。

ドラクエ12は試される作品になります。

ここで従来のユーザーを手放さず、新しいユーザーを取り込むことができれば、ドラクエ3以来の衝撃的な作品となるのではないでしょうか。

逆に失敗すれば、黒歴史に葬られてしまうでしょう。

出典 https://www.amazon.co.jp/

というわけで発表されたばかりのドラクエ12について書きました。

このドラクエ12がシリーズの分岐点となることは間違いないでしょう。

FFより一歩遅れたドラクエが、どこまで近づけるか注目したいです。

義光
義光

僕はFF派

アイちゃん
アイちゃん

私はドラクエ派