【ディスクレビュー】Hozier 「Wasteland, Baby!」

スポンサーリンク
義光
義光

ホージア、3枚目のアルバム出さないかな~

アイちゃん
アイちゃん

ホージア好きだもんね。

大ヒット曲「take me to church」で一躍有名になったホージアですが、2枚目のアルバム「Wasteland, Baby!」はあまり話題になりませんでした。少なくとも日本では。

しかし私はファーストアルバムと同じくらい良い出来だと思っています。今回は「Wasteland, Baby!」のレビューを書きます。

スポンサーリンク

リズムが複雑

今回のホージアの試みとして、複雑なリズムで楽曲が構成されています。

2曲目の「Almost」はシンプルな曲に思えますが、裏で鳴っているドラムやパーカッション

ギターリフなど、非常にリズムがとりづらいです。

しかし平然と歌っているホージアを見ると、音楽センス抜群だなと思います。

ゴスペル要素は健在

私の頭の中に、ゴスペル=聖歌隊というイメージがあるのですが、

ホージアの魅力の一つとして、バックコーラスの強調さがあると考えています。

「Wasteland, Baby!」の中でも、特にそれが際立っているのが「Movement」という曲。

ラストの合唱部分は鳥肌ものです。

バイオリンが良い

「shrike」の間奏で入るバイオリンの音色にはうっとりとさせられます。

ギターリフもちょっと変わっていて、このアルバムを代表する曲だと思います。

イケメン

アルバムうんぬん関係ないですが、男から見てもめちゃ男前です。

義光
義光

それで歌とギターが上手いなんてずるい!

アイちゃん
アイちゃん

ラーメン、つけめん、ぼくイケメン!

義光
義光

なぜ、狩野...

というわけで、Hozierの「Wasteland, Baby!」の魅力について書きました。

コロナの影響で来日なんて無理でしょうが、サードアルバムは期待しています。

ぜひ発売してほしい!